月別アーカイブ: 2014年10月

King Crimson – 21st Century Schizoid Man

みんなが知っていてプログレの代名詞になっている曲です。ですが、この曲の再現はなかなか難しいですよ。

僕が初めて聴いたクリムゾンは4枚目のアイランズで、デビューアルバムは太陽と戦慄が出る少し前に聞いたのですが、「あ、キング・クリムゾンってこういうバンドだったのね」というのが最初の感想。アルバム毎に違う顔を見せていた彼等ですが、ファーストアルバムはやはり特別です。

続きを読む

Carpenters – Goodbye To Love

おそらく純粋なポップスを取り上げるのは始めてかも知れません。カーペンターズ1972年のヒット曲です。

この曲はアルバム「A Song For You」に収録されています。日本でのビッグヒットは次作のNow and Then(SingとYesterday Once More収録)ですが、A Song For Youもすごいです。「トップ・オブ・ザ・ワールド」、「ハーティング・イーチ・アザー」、「小さな愛の願い」、「愛は夢の中に」、「動物と子供たちの詩」そして今回の「Goodbye to Love(愛にさよならを)」とシングルA面が6曲も。タイトル曲もレオン・ラッセルの名曲ですし。 続きを読む

Cubase、MIDI打ち込み、編集でよく使う操作

以前に、制作環境ということで楽器とPC接続を紹介しましたが、今回はMIDI打ち込み、編集について書きます。

昔アマチュアバンドをやっていた時、担当はギターでしたが、キーボードをやっていた時期がありました。自己流なんですが、コードを押さえるくらいは出来たので、いないよりはマシ程度でやっていたんです。

なので、1年前にDTMを始めるにあたって、鍵盤楽器があったほうが打ち込みも楽だろう、と考えて鍵盤楽器を買ったのですが・・・結果的には楽器のキーボードにはほとんど触れておらず、もっぱらPCのキーボードばかり触っています。
続きを読む

Focus – Focus IV

Focus、またMother Focusより。

前回はNo Hang Upsを取り上げましたが、どっちをやろうか迷ったのがこの曲FocusIVです。
自らのバンド名を冠した曲はやはり何か思い入れがあるのでしょうか? これがオレ達のサウンドだ。どこに出しても恥ずかしくないぞ、という気概みたいなものが感じられます。 続きを読む

Lee Ritenour(A.C.Jobim) – Children’s Games

リー・リトナーのアレンジでアントニオ・カルロス・ジョビンのシブい曲です。

ジョビンの曲、前回はサンタナ、キャラバンサライに入っているストーン・フラワーを取り上げましたが、今回はチルドレンズ・ゲームズ。
演奏しているのはフュージョンギタリストとして有名なリー・リトナー。といっても、演奏の中心となっているわけではなく、アレンジ&バンドリーダー&プロデューサーという立場でしょうか。 続きを読む