月別アーカイブ: 2018年7月

Steely Dan – FM(No Static at All)

Steely Danシリーズ、ひとまず今回で終了。最後はAjaと同時期のシングル。

1978年、アルバムAjaと同時期ですが、Ajaには入っておらず、同名の映画の主題歌として書かれた曲。シングルで発売されましたが、後年コンピレーションアルバムに収録されています。僕はA Decade of Steely Danで知りました。

前回の曲で珍しくストリングスが使われていると書きましたが、この曲もそうですね。で、そのアレンジはオシャレを通り越してオサレですね~、という感じ。いや失礼、やっぱりお洒落です。

続きを読む

Steely Dan – Through With Buzz

Pretzel Logic B面2曲目。邦題「いけ好かない奴」

Steely Danの中ではかなり異色の作品。
90秒くらいしかなくてすごく短い、コーラス無い、ギター無い、ストリングスが大胆に使用されている。

一説には前の曲Parker’s Bandと後の曲Pretzel Logicのつなぎという説も。

で、曲調も変わってます。なんかアメリカのバンドの音じゃないみたい。
ビートルズがやってもおかしくないような雰囲気。

まぁそれだけなんですけど。

今回は文章も短め。

Saito Guitars S-622使ってます

今日は僕の宅録で稼働率の高いギターを紹介します。
その名はSaito Guitars S-622。

話は9か月ほど前のこと・・・

「自分への還暦祝いにちょいと高いギターを買いたい!!」
と、晩飯か何かの時に宣言したのです。一応カミさんに相談という体(てい)をとっていますが、まぁこういう時は押し切ります。一生に一度だしな。

でだ・・・

続きを読む

Steely Dan – Deacon Blues

大ヒットアルバムAjaの3曲目

先にGauchoのGlamour Professionを演ってしまいましたが、ひとつ前のアルバムのこっちも、A面最後だし、7分半だし、テンションコードてんこ盛りだし、同系統の曲調かもしれません。

やはり長い曲ですよね。この長さはドラマチックな歌詞ゆえ、あえて短くしていないのだと思います。ソロをとる楽器もサックスです。これもサックス吹きのお話だから。

続きを読む