Genesis」カテゴリーアーカイブ

Genesis – Invisible Touch

今回からジェネシス1986年のアルバム、インビジブル・タッチをやってみます。

なんとなく1年1アルバムを取り上げているのですが、昨年もこの時期に「そして3人が残った」をやっています。2年前は「Duke」でした。なんか微妙に順不同ですね。順番で行けば「ABACAB」なんですが。

ということで、2作飛ばしたのでだいぶ様相が変わってます。もう誰もプログレバンドだって思ってなかったし、フィルコリンズもソロで活躍してスターに成ってましたし。

続きを読む

Progressive Rock Medley, 31 Songs

ファースト・フィナーレの途中ですが、ここで企画ものを1本挟みます。
YouTubeにアップロードした動画がもうすぐ600本に到達します。記念に何かやってみようと思い、これまでの宅録データを編集してメドレーを作ってみました。

切りの悪いこのタイミングでやらなくても、と言われそうですが、原子心母をやった時に「ちょっとした企画を考えていて、1か月以内にお知らせする」と書いてしまいましたからね。

続きを読む

Genesis – Follow You Follow Me

…And Then There Were Three…ラスト。

ジェネシス初のビッグヒットとなった曲。3人の共作。

アルバムはA面5曲、B面は6曲。どうにもこのラスト曲はアルバムの一部というより、シングルをオマケにつけました風にしか聴こえません。他の曲とは雰囲気が違って聴こえます。

続きを読む

Genesis – The Lady Lies

…And Then There Were Three…B面5曲目。邦題「謎の女」

バンクスさんの曲は、やはり時間がかかりました。

フィル・コリンズがボーカルとなったジェネシスはのライブで、さすがにピーター・ガブリエルのような奇抜なパフォーマンスはなかったものの、観客を楽しませる演出はあったようです。

続きを読む

Genesis – Say It’s Alright Joe

…And Then There Were Three…B面4曲目。

アルバムも終盤に入ってきました。

静かに静かに語りかける曲。リズムがあいまいなのでDTM的には面倒です。
長い余韻を5拍子と捉えるか、6拍子と捉えるか。どっちにしてもそれだけで間を構成するのは不自然なので、テンポを細かく変化させます。

続きを読む