月別アーカイブ: 2018年4月

George Harrison – Run of the Mill

All Things Must Pass B面最後の曲。

レコード1の最後にひっそりと入っている短い曲です。

タイトルの意味がよく分かっていなかったのですが、調べてみると、「平凡な、月並みな」という慣用句。語源は工場の大量生産品みたいな意味だそうです。

続きを読む

George Harrison – What Is Life

1曲飛ばしてB面に突入。シングルカットもされた曲。邦題「美しき人生」。

Isn’t It a PityはVersion Twoとしてやる予定。

What Is Lifeはアルバムから2曲目のシングルカットですが、マイ・スウィート・ロードほどにはヒットしませんでした。こっちのほうがポップなんですけどね。

続きを読む

George Harrison – Wah-Wah

All Things Must Pass A面3曲目。

題名のとおり、非常にやかましい曲です。こういうのがフィル・スペクターの音ってことなんでしょうか?

ビートルズ前期で熱狂的に騒がれたことでも歌っているのかな、と、訳詞を読んでもよくわからないです。あんまり関係ないような。ギターにはWah(エフェクターペダル)は使ってますよ。右側のギター。

僕的に非常にジョージらしいと感じるのは曲で、アルバム中1、2を争う好きな曲です。

続きを読む

George Harrison – My Sweet Lord

All Things Must Pass A面2曲目。というより、ジョージ・ハリスン最大のヒット曲。

シングル・カットされ、ポップスベスト10などで流れていたのを覚えています。
その後、バングラ・デッシュコンサートで演奏された時、「ハレ・クリシュナ」とつぶやいていたのが印象的なのですが、その頃彼が傾倒していたインド宗教への賛歌です。

続きを読む