カンタベリー系」カテゴリーアーカイブ

Phil Miller – Speaking to Lydia

フィルミラーの曲、今回はこれで最後にしようと思います。
最初にやったNo Holds Barredと同様Digging In収録曲。

前にも書きました、このアルバム、打ち込みも部分多いのですが、この曲はIn Cahootsの演奏がメインと思われます。でもドラムがちょっと機械的なので、そこは打ち込みだと思います。
ライブ・イン・ジャパンでも演奏されている曲で、ギターのメロディがとても美しいです。

続きを読む

Hatfield and the North – Underdub

名作The Rotters’ Clubより。フィル・ミラー作

今回はThe Rotters’ Club B面1曲目のUnderdub

とりとめとなく、果てしなく続くメロディ。どこまでで一区切りなんだ? と分からなくなる曲です。何回も同じようなモチーフが出てきますが、その都度なにか違うような。

フルートとエレピがユニゾンでやってるし、後半に前半と同じメロディが出て来るので、アドリブではないようですが・・・

続きを読む

Phil Miller – And Thus Far

Phil Millerの曲。1988のアルバム、Split Secondsより。

これまでの2曲がフィルのギターが前面に出ていないものだったのですが、今回のは結構弾いてます。

アルバムはソロ名義ですが、この曲に関しては、Performed by In Cahootsとクレジットされており、バンド演奏であることが分かります。

頑張っていくぞーと初めて見たものの、12分あるので、途中のアドリブに差し掛かる所で気力が尽きました。今回のは、かっちり作り込まれた部分のみです。

続きを読む

Hatfield and the North – Calyx

フィル・ミラーの曲、2曲目はハットフィールド・アンド・ザ・ノースの1枚目より。

知ってる人なら知ってるハットフィールド・アンド・ザ・ノースです。知らない人はとことん知らないに違いない。

2枚目のThe Rotters’ Clubがあまりにも秀逸なため、1枚目はあまり目立ちません。僕も2枚目ほどには聴いていませんでしたが、今回、この曲に注目してみました。

続きを読む

Phil Miller – No Holds Barred

久々にカンタベリーいきます。
ギタリスト、フィル・ミラーの1991年のアルバム、Digging Inより。

先日、2017年10月18日にフィル・ミラーが亡くなったと聞き、ありゃぁと思ったのですが、追悼という意味も込めて、コピーを頓挫していた彼の曲を取り上げてみようと思いました。

続きを読む