松任谷由実 – 恋人がサンタクロース

1年ぶりにYumingやります。今回は松任谷由実になってから80年代初頭、アルバムで言うと紅雀からPearlPieceまでの中から何曲かやります。

1978年から1982年までなので5年間なのですが、アルバム8枚とEP1枚、すごいペースで制作していたことが分かります。

ヒットを連発し、生涯の伴侶兼名アレンジャーを得て、ノリに乗っている時期ですね。

続きを読む

Tower of Power – A Little Knowledge(is a Dangerous Thing)

1991年のアルバムMonster on a Leashのオープニング曲

Tower of Powerの最盛期はやはり1970年代前半なんだろうけど、アンソロジーを通して聴くと、どうしてどうして、90年代以降も捨てがたいと思います。2CD構成だけど、後半の方をよく聴いてます。

続きを読む

Don’t Change Horses(In The Middle of a Stream)

Back to Oaklandの実質オープニング曲

実質と書いたのは、1曲目にOakland Stroke…という短いジングルのような曲が入っているから。このジングルはアルバム最後にも…Oakland Strokeという名称で入ってます。要は2分割して最初と最後に入ってるってことね。

続きを読む

Tower of Power – I Won’t Leave Unless You Want Me To

1975年のUrban Renewalより。しっとりとしたバラード

多くの楽器によるアンサンブルなので、ミキシングに時間を要しました。
いつもの管以外にストリングスが入ってますし、キーボードもピアノだけでなく、オルガンも入っています。

普通ストリングスとかあるならオルガンを省きそうなものですが、ちゃんと存在感を出しています。彼らにとってみればオルガンがデフォでピアノやストリングスがエクストラなのかもしれませんね。

続きを読む