Camel – Long Goodbyes

今回からまたCamelを何曲か取り上げます。
初回はStationay TravellerよりLong Goodbyes

これまで何回かCamelをやりました。昨年春の来日の時に予習と称してやったのですが、ピーター・バーデンス脱退以後の曲はDrafted以外取り上げていませんでした。

なので、ライブでのセットリストで半分は「予習」できていませんでした。そのことを踏まえ、今回は近年のライブでのセットリストを参考に、リモートロマンス以降の曲を選んでいきたいと思います。

続きを読む

Genesis – Throwing It All Away

インビジブル・タッチ、6回目。

前回とはうって変わってメロウなバラードです。ライブでも定番だったようです。
この曲もフィル・コリンズの歌ありきな曲ですねぇ。本当に彼のボーカルはすごい。

この曲で毎回お約束のコール・アンド・レスポンス(聴衆との掛け合い)をやっていたのですな。

続きを読む

Genesis – Domino

インビジブル・タッチ、5回目。

10分を超える大作なんですが、3日でブログ更新にこぎつけました。コピーの難易度というのは必ずしも分数に比例するというものではないようです。

これだけポップになったGenesisですが、いかにもプログレっぽい曲を仕込んで来ました。ですが、やはり依然の作り方ではなく’80年代の音なんですね。

2部構成になっていて、1部は静かなパート、2部は激しいパートになってます。

続きを読む

Genesis – Anything She Does

インビジブル・タッチ、4回目。

シングルカットは一切されていないのですが、なぜかミュージックビデオがあります。歌詞はポルノモデルに想いをよせる男の歌らしいのですが、その辺はよくわかりませんな。Wikipediaにはダイアナ妃のそっくりさんが一瞬映ってるって書いてありました。

サウンドはどうかというと、全体的にチープな感じがするんですが、サンプリングしたホーンの音が使われていて、とっても勢いが良いです。

続きを読む