Paul McCartney – 3 Legs

RAMから2曲目

障害を負った3本足の犬になぞらえて、ビートルズの事を歌ってるということらしいけど、どうなんでしょ。当時解散後のゴタゴタは、アーティストとして自分をさらけ出すネタにも使えてしまった、というふうにとらえたりしちゃいます。

一風変わってますが、ドが付くほどのブルースです。ブルースの定番の弾き方も結構入っています。

続きを読む

Paul McCartney – Too Many People

前回に続き、今回からRAMの曲を何曲かやってみます。

というか、Another Dayと同時期に手掛けた没バージョンをメロディ入れちゃえの方法論で、復活させたもの。

RAMからの曲は約3年前にすでにUncle Albert/Admiral Halseyを取り上げています。が、これだけではこのアルバムは語りつくせない、ということ。
続きを読む