[関ジャムJ-POP BEST 10位] 平原綾香 – Jupiter

関ジャムJ-POP BEST 7回目は10位、平原綾香のJupiter(2003年)です。

この曲は、ホルストの組曲「惑星」の木星の中間部をアレンジしたものです。惑星は僕も好きな曲で、一番好きな「金星」は5年ほど前にクラシックなのに耳コピでやってます。

続きを読む

[関ジャムJ-POP BEST 22位] ゲスの極み乙女。 – 私以外私じゃないの

関ジャムJ-POP BEST 6回目は22位、ゲスの極み乙女。の私以外私じゃないの(2015年)です。

Wikipediaに拠れば、彼らはプログレッシブ・ロックだそうです。そんな気もしますけど。

なにかで演奏を耳にするようになり、2015年秋にSMAPxSMAPに出演していたのを見て、最初のフルアルバム「魅力がすごいよ」を買ったのですが、実はあまり聴いていませんでした。

その時点で今回の曲はシングルで発売されていたし、甘利経済再生担当大臣(当時)が記者会見でこの曲をちょっと歌ってマイナンバーカードのPRをしたのもなんか記憶にありますね。

続きを読む

[関ジャムJ-POP BEST 19位] あいみょん – マリーゴールド

関ジャムJ-POP BEST 5回目は19位、あいみょんのマリーゴールド(2018年)です。

あいみょんはほとんど転調を使わないで作曲する、と、どこかで聞いているのですが、確かにこの曲は全く転調がありません。代理コードすらもなくて、基本であるダイアトニックコードだけで作られています。

続きを読む

[関ジャムJ-POP BEST 5位] King Gnu – 白日

関ジャムJ-POP BEST 4回目は5位、King Gnu 白日(2019年)です。

10位以内は初めてですが、実はすでにやっているMISIAのEverythingが3位に入っていますので書いておきます。

白日って昼間の事と思ったら、「身が潔白であることのたとえ」という方の意味ですね。というのも、この曲はTVドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」の主題歌だから。

続きを読む

[関ジャムJ-POP BEST 26位] Superfly – 愛をこめて花束を

関ジャムJ-POP BEST 3回目は26位、Superflyの 愛をこめて花束を(2008年)です。

1人でSuperfly、T.M.Revolutionみたいなものなの? と思ったら、デビューして半年はそもそも多保孝一さんと越智志帆さん2人グループだったとのこと。

その多保さんは脱退後もしばらくはSuperflyに関わっており、この曲も作詞作曲をしています。

続きを読む