Daryl Hall & John Oates – Kiss on My List

Hall & Oates 3回目は1981年のNo.1ヒット

3曲演って、だんだん傾向が分かってきました。

メロディに沿ってハーモニーが細かく動くピアノ、ピアノに溶け込むバッキングギターはすでに書きました。

この曲のバッキングギターも弾いているのかどうか分かりません。弾いてるとしても味付け程度。

続きを読む

Daryl Hall & John Oates – Wait For Me

Hall & Oates 2回目は少し遡って1979年のシングル

この曲、Wikipediaの記述に拠れば18位ということなんですが、僕にしてみれば、彼らの代表曲のように思っていたのだけど・・・。日本とアメリカでのヒットのランクが違うのかもしれませんね。

彼らのサウンドはリズムを刻むピアノで、ギターはもっぱらイントロやソロという印象があったのですが、この曲では後半、クィーン張りに分厚く重ねています。

続きを読む

Daryl Hall & John Oates – Private Eyes

今回からHall & Oatesを何曲かやってみます。
(前回書いた大計画の話はもうちょっと待ってね)

初回は1981年、全米1位の曲です。

Daryl Hall & John Oatesはアメリカのポップスのデュオです。1970年代後半から80年代前半にかけて、何曲もNo.1ヒットを飛ばしました。なので、レコードを持っていなくてもなんとなく知っている、という存在でした。

続きを読む

5周年を迎えました

当ブログは満5周年を迎えました。
世間的に全く有名でもないサイトが5年もダラダラと続いていること自体は、我ながら感心しております。いやホントに。

ということで記念に何か書いておきます。

まずは5年やって来ての現状の記録。

・録音した曲数(投稿した本数)約560
・YouTube再生回数、31万
・YouTube登録者数、760
 昨年2月時点で500だったのでわずかに加速しています。

この1年の出来事
・還暦を迎え歳を明らかにした。
・バックコーラス音源として限定的にVocaloidを導入
・MONTAGE/MODX音色Editorの開発を始めた

続きを読む