King Crimson – The Court of the Crimson King

前回の続き・・なのでこの曲。「クリムゾン・キングの宮殿」

まあ、前回自分としては不出来のMoonchildで、消化試合と言っていたので、今回のはお約束でしたね。たぶんどこかで書いたと思うけど、アルバムタイトルはIn the Court of the Crimson Kingなのですが、この曲はInがありません。邦題は同じですが。
続きを読む

King Crimson – Moonchild

なぜか今この曲。クリムゾン1stのB面1曲目

1年ほど前にI Talk to the WindとEpitaphをやって、中断していました。
この曲は歌の後のフリー(らしき)部分をどうしたものか悩ましかったからです。

で、どうなったかというと・・・
どうにもなりませんでした。ゴメンんなさい。

ということで、今回は書くことがあまりありません。

続きを読む

Genesis – Los Endos

スティーブ・ハケット在籍時のジェネシスでまだやってなかった曲です。

当ブログの出発点で、多数やってるジェネシス、昨年10月のSeven Stonesで一区切り。今後は「そして3人が残った」以降を取り上げていこうかなと思っていたのですが、まだやってない曲が何曲か。

別にコンプリートを目指しているわけではないのですが、後期に行く前にやっておこうと思い立ち、今回の曲を取り上げました。

あ~、僕の中でのジェネシスの後期は「Trick of the Tail」からではなく、「…And Then There Were Three…」からなんです。やはりスティーブ・ハケットさん重要!!
続きを読む