The Moody Blues – When You’re a Free Man

セブンスソジャーン7曲目。マイク・ピンダー作

1曲目の失われた世界へと同様、憂いを帯びた曲。

ラストの曲じゃないんですが、ラストのロックンロールシンガーが「シングルをついでに入れといたよ」てな感じを受けてしまうのです。この曲がラストで、次がアンコールみたいな。

続きを読む

The Moody Blues – The Land of Make-Believe

セブンス・ソジャーンB面2曲目

ギターのジャスティンヘイワード作曲。邦題「みせかけの国」

Make-Believeで「見せかける、ふりをする、~ごっこ」といった意味らしい。
あまり肯定的な意味ではないのだけど、SONYが近年make.believeというキャッチフレーズになっていて、だいじょうぶかぁと思ってしまった。

続きを読む

The Moody Blues – You and Me

セブンス・ソジャーン、B面に入ります。

グレアム・エッジとジャスティン・ヘイワードの共作。このアルバムでは数少ないロックな曲です。

またもや目標より1日遅れてしまいました。ムーディ・ブルース、コピーは楽勝かと思いきや、意外と時間かかってます。

今回の見込み違いはギターアンサンブル部分かな。そんな速弾きでもないだろうと舐めてましたが、これ、難しいのね。

続きを読む

The Moody Blues – Isn’t Life Strange

セブンス・ソジャーンから4曲目。邦題「神秘な世界」

家のレイアウト変更などをやっていて、ブログ更新が1日遅れてしまいました。
遅れた理由はそれだけでもなくて、やはり今回の曲がちょっと大変だったからです。

Isn’t Life Strangeはセブンス・ソジャーンのハイライトも言うべき力作。日本でのアルバムタイトルにもなっていました。

続きを読む