月別アーカイブ: 2020年2月

宅録入門! Chord of Lifeの作り方 第5回 Cubaseの基本操作(後編)

前回はCubaseで曲を作る基本的な流れ、打ち込み完了までを説明しました。
今回はその続きです。

6)ギター用入力バスを作る

録音に先立って、初期設定説明時に省略していた入力の初期設定を行います。
「スタジオ」-「オーディオコネクション」の「入力」タブを開きます。

続きを読む

宅録入門! Chord of Lifeの作り方 第4回 Cubaseの基本操作(前編)

今回はCubaseで曲を作る基本的な流れについてざっと説明します。
体系的に順序だてて書くと、返って分かりにくいと思うので、今回は細かな説明は抜きにして、操作中心で行きます。

とは言っても、まずは最低限の用語説明から。

・トラック
 もともとテープレコーダーで、録音/再生するチャンネル分けのこと。
 陸上競技のトラックも同じ語源。
 楽器、パート毎に1トラックを割り当てるのが普通。

・AudioトラックとMIDIトラック
 音そのものを記録するのがAudioトラック
 MIDIデータを記録するのがMIDIトラック

・打ち込み
 録音ではなく、MIDIトラックにデータを書き込んで(打ち込んで)音を作ること。

○概要の概要
ドラム、ベース、ピアノ、ギターから成る曲を作ることを考えてみましょう。
ギターは録音、それ以外は打ち込みで行う場合、こんな流れになります。

続きを読む

宅録入門! Chord of Lifeの作り方 第3回 ソフトのインストールと初期設定

今回はCubaseをインストールし、ヘッドフォン/スピーカーからCubaseの発する音が鳴る所までについて書きます。入門者が一番つまづくところですね。頑張って超えていきましょう。

第2回で示した概要図、ほんのちょっとだけ書き直しました。何が変わったでしょう。
そう、「ドライバ」という四角を書き加えました。

何が言いたいのかというと、音を出すためには
1)ドライバのインストール
2)Cubaseのインストールと有効化
3)Cubaseの初期設定画面にて入出力をつなぐ

という手順が必要というわけです。1)と2)はどっちが先でも構いません。
では順を追って・・

続きを読む

宅録入門! Chord of Lifeの作り方 第2回 とりあえず最低限何が必要か

今回は宅録を始めるには最低限何が必要か、について書いてみますが、まずは宅録のシステムについて俯瞰してみましょう。

これは、非常に大雑把に表した図です。DAWは、実際に歌ったり演奏した音、すなわちオーディオデータとMIDIデータを扱うことができます。

続きを読む

宅録入門! Chord of Lifeの作り方 第1回 講座を始めるにあたって

みなさん こんにちは 柊しじまです
6周年雑感でも書きましたが、今さらですが、このブログにて宅録入門講座を始めることにしました。

5年以上宅録をやっているのに、宅録自体に関してはこれまであまりひと様のお役に立てる情報発信をしてきませんでした。でも改めて考えるに、僕が書ける役立つ情報はこういう経験談しかないのかな、ということです。

この講座は言わば当ブログChord of Lifeの作り方です。

続きを読む