Steely Dan – Home At Last

Steely Dan10曲目。この曲で最後にします。アルバムAjaより。

Steely Dan、前回と併せて23曲やりました。
・Countdown to Ecstasy 3曲
・Pretzel Logic 4曲
・Katy Lied 3曲
・Royal Scam 5曲
・Aja 5曲
・Gaucho 2曲
・他 1曲

ギターテクニックが足りなくて断念した曲もありますが、やはりRoyal ScamとAjaからが多いです。

最初に聴いたのがヒットしたAjaだったというのもありますが、なんとなく聞き流していた曲でも実際にやってみると、本当に練られているというのを実感します。そして、音が粒だって綺麗です。

今回のHome At LastもAjaの中の1曲として聴き流していた類ですが、やってみると本当に面白い。

彼等は複雑なコード進行やテンションコードという印象がありますが、この曲でそういう部分はAメロの後半ぐらいのものです。それよりも際立っているのは各々の楽器の特性を生かした絶妙のアンサンブルなんですね。

ドラム、ベース、ピアノでベーシック部分を作っている訳ですが、何回も出て来るリフではコードでいうと、ずっとGm7ってことになってしまうのでしょうが、ピアノの低音を活かしてリズムを作って、ギターが絡みます。ギターもギターでしか出せない弾き方でリフを作ってます。

ドラムはシャッフルなんだけど、時々キックが2拍3連でノリを作ります。

ここに彩を添えているのがブラスとビブラフォン。両者とも、彼らの曲で本当によく登場します。プレイヤーとしてビクター・フェルドマンがいるというのが要因でしょうが、この曲に関していえば、ブラスの立ち上がりの遅さをビブラフォンの打音で補強している感じですね。

サビのギターも音数は少ないのですが、決まった箇所でかっちり鳴らしてますね。

間奏ではブラス→シンセ→ギターソロとリレーされます。この流れが本当にスムーズ。
やっぱりアルバムAjaは奇跡の1枚だなぁ、と思います。

ただ、彼等の曲、全部を通してどれが一番好きかと言われれば、Katy LiedのDoctor Wuなんですけどね。

今回のシリーズに当たって、再結成後の2枚やソロアルバムもどうかなとチェックはしたのですが、今回取り上げるまでには至りませんでした。が、ひょっとすると今後取り上げるかもしれません。

ではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です