曲の解説」カテゴリーアーカイブ

Genesis – Invisible Touch

今回からジェネシス1986年のアルバム、インビジブル・タッチをやってみます。

なんとなく1年1アルバムを取り上げているのですが、昨年もこの時期に「そして3人が残った」をやっています。2年前は「Duke」でした。なんか微妙に順不同ですね。順番で行けば「ABACAB」なんですが。

ということで、2作飛ばしたのでだいぶ様相が変わってます。もう誰もプログレバンドだって思ってなかったし、フィルコリンズもソロで活躍してスターに成ってましたし。

続きを読む

Boz Scaggs – You Can Have Me Anytime

Boz Scaggs、7回目はMiddle Manより。

邦題はトワイライト・ハイウェイ。
曲調からWe’re All Aloneと同系統の曲として比較されますが、僕はこっちの曲のほうが好み。

ピアノの他にエレピで補強され、よりA.O.R.風に仕上がっているし、なんせ、A.O.R.の代名詞たるデビッド・フォスターとの共作。キーボードも弾いてますし。

続きを読む

Boz Scaggs – Hollywood

Boz Scaggs、6回目はDown Two Then Leftより。

短いけどパンチの効いた曲です。
前回のはシャッフルだったけど今回のも少しハネてます。

特徴はビブラフォン、かな。

実はHard Timesやった時に、CDのクレジットにはクラベス:ヴィクター・フェルドマンと書いてあって、ん、なんだこれと思っていたのですが、今回の曲で活躍しています。

続きを読む