月別アーカイブ: 2020年10月

Genesis – After The Ordeal

Genesis 1973年のアルバム Selling England By The Poundより。

地味なインスト曲。これもまだやっていませんでした。
前半と後半で曲調が変わります。

前半はピアノとアコギのデュオ。
本来アコギはナイロン弦のようですが、持ってないのでフォークギターで代用。

続きを読む

Genesis – Ripples

Abacab B面、残り2曲あるのだが、どうにもやる気が起きなくて。趣向を変えて、Old Genesisでやり残している曲から選んでみました。

あぁ、昔の曲(といってもガブリエルさん脱退後だけど)いいな、と思う。

RipplesはA Trick of the TailのB面2曲目。この曲だけやっていませんでした。どうしてでしょう。A面2曲目のEntangledとイメージが重なっているように感じたのかも知れません。実際やってみると全く違うんですが。

続きを読む

Genesis – Dodo / Lurker

Abacab 5曲目、アナログだとここからB面です。

7分以上ある大作ですが、2曲のメドレー的な構成になってます。おそらく後半のシンセソロからがLurkerですね。

で、このタイトルは何なのか? まず、Dodoってどこかで聞いたことがあるなと思ったのですが、不思議の国のアリスですね。昔実際にいたけど17世紀に絶滅しちゃったとか。

続きを読む

Genesis – Keep It Dark

Abacab 4曲目です。

延々繰り返すギターリフへ、キーボードが意味付けしてるというパターンの曲。でもずっとじゃありません。Bメロやサビでは違うメロディ弾いていたりします。

この曲、何といっても、最初リズムをどうとって行けばよいのか戸惑いますが、まずは6拍子と気づきます。いわゆる6/8は2拍子の仲間なのですが、この曲はそうは感じないので6/4拍子で打ち込み。

続きを読む