Lizz Wright – Open Your Eyes, You Can Fly

コラボチャンネル「ジャムスペース」用にコピーした曲です。

Lizz Wrightはアメリカのゴスペル出身のシンガー。

今回の曲は、2003年のデビューアルバム、Saltに収録されている曲。Chick Corea、Neville Potter作です。

この曲の初出はチックコリアとの共演でも知られるヴィブラフォーン奏者ゲイリーバートンのカルテットが1973年にリリースしたものですが、歌バージョンとしては、Return To Foreverでのチックコリアと共演しているフローラプリムが1976年にアルバムタイトル曲として歌っています。

Lizzバージョンはとても気だるいサウンドです。フローラプリムのとは全くイメージが違います。むしろゲイリーバートンの方に近いですね。

ぼーっと聴くと、ワンコードなのかなと思ってしまいますが、ベースをとっかかりにして聴くと、内声が複雑に動いている曲なのです。

Spotifyで曲名で検索すると、New York Voicesというジャズコーラスグループもやってました。これもなかなかいい感じです。

というわけで、yukaさんとy-bassさんとのコラボバージョンをどうぞ。

1 thought on “Lizz Wright – Open Your Eyes, You Can Fly

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です