Queen」カテゴリーアーカイブ

Queen – Seven Seas of Rhye

Queen II締めくくりはシングルカットもされたSeven Seas of Rhye

Black Queenをやった後のSeven Seas of Rhyeは、とってもお気楽な気分になってしまいます。

「輝ける7つの海」という邦題がついています。イギリスではベスト10になったそうですが、日本でヒットした?? 僕の記憶にはありません。キラー・クイーンは覚えてるけど。
続きを読む

Queen – The March of the Black Queen/Funny How Love Is

Queen IIのハイライトとも言うべきB面4-5曲目のメドレーです。

今回は9分半、長いです。

The March of the Black Queenはフレディ・マーキュリーの真骨頂ともいうべき曲。長い曲ですが、その長さを感じさせないドラマティックな展開は流石。

まず、全体構成がAABAのような繰り返し構造じゃありません。おそらく歌詞に沿って縦横無尽に曲調を変化させているのだと推測しますが、前の曲にも増して緻密ですねぇ。
続きを読む

Queen – The Fairy Feller’s Master-Stroke/Nevermore

Queen II B面2曲目、3曲目のメドレー

長い曲ではないのですが、密度が高いというか、とても緻密に作られているのでやりがいがあります。

Wikipediaに拠れば、リチャード・ダッドという画家の「お伽の樵(きこり)の入神の一撃」という絵に触発されて作った曲ということです。その絵を見ると、こちらもとても緻密な絵でクィーンも負けず劣らず頑張りましたねぇ。
続きを読む

Queen – Ogre Battle

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。
Queen II はA面残り2曲を飛ばしてB面に進みます。

A面(サイドホワイト)がブライアン・メイ中心で、ちなみにやらない2曲はブライアン・メイがメインボーカルを取ったSome Day One Dayとロジャー・テイラーの曲The Loser in the Endです。

B面(サイドブラック)はすべてフレディー・マーキュリーの曲です。マーチ・オブ・ザ・ブラック・クイーン以外は短い曲ですが、メドレーになっていたり、なかなかスリリングな展開になっていますね。
続きを読む