月別アーカイブ: 2019年2月

Daryl Hall & John Oates – Out of Touch

Hall & Oates 5回目。
1984年のアルバム、Big Bam Boomより。Hall & Oatesの最後のNo.1ヒット

たぶん、1984~85年の安比スキー場でずーっと流れていた曲の1つです。

アルバムのオープニングのDance on Your Kneesは、曲というよりアルバム全体のオープニングの景気づけの演奏で、1:25しかありません。というか、1曲目ははっきり言ってOut of Touchの長いイントロ的位置づけですね。

続きを読む

Daryl Hall & John Oates – I Can’t Go For That(No Can Do)

Hall & Oates 4回目。
違う傾向の曲を選んだら結局同じ1981年のNo.1ヒットになってしまいました。

無機的な音質で完全に人間らしさをなくしたドラム。4つ打ちで、最初から最後までオカズなし、ずーっと同じビート。本当にリズムマシーンなのか?

ベースも弦ではなく、おそらくシンセ。

続きを読む

Daryl Hall & John Oates – Kiss on My List

Hall & Oates 3回目は1981年のNo.1ヒット

3曲演って、だんだん傾向が分かってきました。

メロディに沿ってハーモニーが細かく動くピアノ、ピアノに溶け込むバッキングギターはすでに書きました。

この曲のバッキングギターも弾いているのかどうか分かりません。弾いてるとしても味付け程度。

続きを読む

Daryl Hall & John Oates – Wait For Me

Hall & Oates 2回目は少し遡って1979年のシングル

この曲、Wikipediaの記述に拠れば18位ということなんですが、僕にしてみれば、彼らの代表曲のように思っていたのだけど・・・。日本とアメリカでのヒットのランクが違うのかもしれませんね。

彼らのサウンドはリズムを刻むピアノで、ギターはもっぱらイントロやソロという印象があったのですが、この曲では後半、クィーン張りに分厚く重ねています。

続きを読む