フュージョン」カテゴリーアーカイブ

Lee Ritenour – Feel The Night

リー・リトナー4回目、今回で最後にします。
1979年のアルバムFeel The Night(暗闇へとびだせ)のタイトル曲。

今回はギターの音色が結構ギンギンです。アルバムのタイトル曲でオープニングという事もあるのか、ブラスがバーンと入っていて激しいので、それに負けない音色になったのかな。

続きを読む

Lee Ritenour – Morning Glory

リー・リトナー3回目。1978年のアルバムCaptain’s Journeyより。

珍しく歌ものです。その後シカゴに加入するビル・チャンプリンが歌ってます。ピアノを弾いてるのがデビッド・フォスターなので、そういうつながりでしょう。

Fly By Nightでドミソに「レ」のベースって書きました。この曲はリー・リトナー作ですが、そのコードよく使ってます。よっぽどトレンディだったのかいな。

続きを読む

Lee Ritenour – Fly By Night

リー・リトナー2回目。1977年のアルバムCaptain Fingersより。

デイブ・グルーシンの作曲。キャプテン・フィンガーズほどの速弾きではないけれど、難しい曲です。

フュージョンが全盛期だった頃、バンドでコピーして演奏していた記憶がありますが、僕はギターではなく、キーボードでした。

続きを読む

Lee Ritenour – Market Place

Camelに続いてギターものになりますが、ジャンルは変わってフュージョンです。

Lee Ritenourは遥か以前に3曲ほどやりましたが、振り返ってみるとなんと5年前。

5年前にやってみたSugarloaf Expressは当然 素では弾けないので不自然さたっぷりの仕上がりになってました。今回は身内からのリクエストがあり、再挑戦です。

続きを読む