フュージョン」カテゴリーアーカイブ

Deodato – Baubles, Bangles and Beads

デオダート 2回目はPreludeよりB面1曲目

前回の「ツァラトゥストラはかく語りき」はリヒャルト・シュトラウス作曲の交響詩をアレンジしまともでした。今回の曲はデオダート作かと思ったら、違いました。

作曲欄にBorodin、編曲作詞欄にGeorge Forrest、Robert Wrightと書いてあります。どういう事なんでしょう。

続きを読む

Deodato – Also Sprach Zarathustra

今回から少し雰囲気を変えてデオダート。
初回はCTIレコードでのデビュー作Preludeより「ツァラトゥストラはかく語りき」

CTIレコードはクリード・テイラーというプロデューサーが作ったレーベルで、この人がすべてのレコードをプロデュースしています。CTIという名前もCreed Taylor Issueという事です。なるほど。

いちおうジャズのレーベルなんですが、間違いなく、クロスオーバー/フュージョンの先駆けになったという位置づけだと思います。

続きを読む

「サックスを省略」って何ですか?

昨日に続き連投。
新作ではないのですが、2週間ほど前に面白いことがあったので書いておきます。

2週間前、いつもの日課で、Youtubeのアナリティクス(再生状況の分析)を見るためにログインしたところ、珍しく日本語のコメントがついていました。

Weather ReportのA Remark You Madeを演ったやつですが、たった一言・・・

「サックスを省略」

と。

続きを読む