月別アーカイブ: 2019年7月

Boz Scaggs – Hard Times

Boz Scaggs、2回目は1977年のアルバム、Down Two Then Leftより。

演奏データを見ると、ドラムがジェフ・ポーカロ、キーボードは後にWe Are The Worldをクインシー・ジョーンズと共にプロデュースするマイケル・オマーティアン、そしてギターが3人、レイ・パーカー・Jrとジェイ・グレイドンとボズ自身

続きを読む

Boz Scaggs – Lowdown

今回からBoz Scaggsを何曲か取り上げます。

プログレが下火になってしまった後に聴いていたのがフュージョンでしたが、その頃はやっていた音楽としてアダルト・コンテンポラリー(日本ではアダルト・オリエンテッド・ロック=A.O.R.と言ってました)というのがありました。2月にやっていたHall and Oatesもそうでしたが、ボズ・スキャッグスもその類。

どちらかというと、フュージョンのほうがメインだったのでこっちは常識程度でしたけど。

続きを読む

Deodato – Baubles, Bangles and Beads

デオダート 2回目はPreludeよりB面1曲目

前回の「ツァラトゥストラはかく語りき」はリヒャルト・シュトラウス作曲の交響詩をアレンジしまともでした。今回の曲はデオダート作かと思ったら、違いました。

作曲欄にBorodin、編曲作詞欄にGeorge Forrest、Robert Wrightと書いてあります。どういう事なんでしょう。

続きを読む