Stevie Wonder – Please Don’t Go

Fulfillingness’ First Finale 最終回

フィナーレのフィナーレ、大団円。

全ての曲が名曲なスティービー故に、普通っぽい曲で通り過ぎてしまいそうなのです。たぶん、他のアルバムならコピーしなかったのではないかな。今回はフィナーレのフィナーレなのでやってみました。

まさしくアルバム最後の曲って感じがするわけなんですが、どうしてでしょうね。イントロから聴かれる、カウンターメドレーの「ソラシドレドシラ」と、Aメロのルートから半音で下るラインがオシマイ感を醸し出しているのかな。

僕的には、Aメロ4小節目のコードがF7(ルートGから1つ下のセブンス)なんだろうと思ってしまうのです。

この曲にはこのアルバムのスティービーらしい要素がたくさん入ってますね。シンセベース、ピアノ、エレピ、コーラス、そしてハーモニカ。

終盤で、イントロの変形となって、リフが「ソラシラソラシラ」と続き、最後にブルージーな2コードでハーモニカを吹き鳴らしてフェードアウトします。

この時代の曲って、ノってくるとどんどんテンポが速くなっていきます。
それが普通だし、人間らしさだったりしますね。


というわけで、今回のファースト・フィナーレ、全般的に解説少なめでしたが、音楽が雄弁に語っています。すごい事やってるのに自然でサラッと聴けてしまう。

次回スティービー・ワンダーをやる時は順番的にキーオブライフなんですが、ちゃんと出来るのかしら、と今から不安であり楽しみでもありますね。

ではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です