CubaseとDTM自作ソフト」カテゴリーアーカイブ

YAMAHA MODXとCubaseの設定(2019年3月)

以前、YAMAHA MONTAGEのCubase設定記事をいくつか書きましたが、今回自分の宅録環境のバージョンアップに伴い、やっとMODX6を購入しましたので、またまとめておきます。

今回あまり新しい情報はないのですが、情報が複数の記事に分散しているので、それらをまとめたものです。画像や文章など、古いものを流用しているものもあります。

今までの記事との違いは
・MONTAGEではなく、MODXにて動作を確認している
・オーディオインターフェースはMODX内蔵のものではなく、新規購入のRME Fireface UCを使い、アナログ接続している。

ということです。
初めて読む方向けに要点を述べますと
・MODXを(YAMAHAがあまり想定していない)マルチティンバー音源として使用
・楽曲制作はCubase操作のみ。MODXには一切録音、録MIDIしない。
・他のVSTiソフト音源との併存
・いちいち設定を変えずにMODXの音を聴きながら、ギターを録音する
 (僕はやらないけど、当然ボーカルの録音も可能です)

ということです。
至極普通の事だと思うのですが、これが出来ているという記事を読んだ事がありません。
ということで・・・

続きを読む

MONTAGE/MODX音色Editorの開発(Ver0.5)

前回のV0.2から約1か月、だいぶ機能追加したので、Ver0.5としました。
今回の目玉はエンベロープ・ジェネレーターとエレメントレベルに踏み込んだ部分です。ヤマハの従来型MOXFでの音作りレベル程度までは網羅出来たと思います。

では順を追って・・・

続きを読む

MONTAGE/MODX Editor、Control Assignとスーパーノブ

この記事はYAMAHA MONTAGE/MODXのControl Assign機能とスーパーノブについて解説したものです。

MONTAGE Editorの詳細ウィンドウ
– ControlAssignTAB
コントロールアサインとは、MONTAGEの目玉機能と思われる設定で、様々な音色パラメータ(Destination)を何(Source)でコントロールするのかを割り当てる機能です。

割り当て設定はパフォーマンス、各パートそれぞれ最大16セット可能です。

続きを読む