月別アーカイブ: 2019年9月

Camel – Mother Road

Camel、3曲目。Dust and Dreamsより

1991年、今のキャメルにつながるアルバムの第一作として7年ぶりに発表されたアルバム「Dust and Dreams」はスタインベックの怒りの葡萄をモチーフにしたコンセプトアルバムでした。

それまでのキャメルと作風がだいぶ変わっていて、僕も近年の来日公演を見るまでは馴染めませんでしたが、聴き込んでくると「あれっ、ちょっといいかも」って思えてきます。

続きを読む

Camel – Hymn to Her

Camel、2曲目。I Can See Your House from Here(邦題リモートロマンス)より

昨年やったCamelシリーズではNudeからDraftedをやりましたが、リモートロマンスはその1枚前のアルバム。現メンバーであるベースのColin Bassが初参加したアルバムです。Nudeの後に一回抜けてまた再加入するんですが。

続きを読む

Camel – Long Goodbyes

今回からまたCamelを何曲か取り上げます。
初回はStationay TravellerよりLong Goodbyes

これまで何回かCamelをやりました。昨年春の来日の時に予習と称してやったのですが、ピーター・バーデンス脱退以後の曲はDrafted以外取り上げていませんでした。

なので、ライブでのセットリストで半分は「予習」できていませんでした。そのことを踏まえ、今回は近年のライブでのセットリストを参考に、リモートロマンス以降の曲を選んでいきたいと思います。

続きを読む

Genesis – Throwing It All Away

インビジブル・タッチ、6回目。

前回とはうって変わってメロウなバラードです。ライブでも定番だったようです。
この曲もフィル・コリンズの歌ありきな曲ですねぇ。本当に彼のボーカルはすごい。

この曲で毎回お約束のコール・アンド・レスポンス(聴衆との掛け合い)をやっていたのですな。

続きを読む