月別アーカイブ: 2017年8月

Genesis – Behind the Lines, Duchess, Guide Vocal

スティーブハケット在籍期のジェネシスに一区切りをつけて3か月、それでは後半戦スタート。

今回は1980年のDukeからできる限りやってみます。

後半戦は、順番から言えば「And Then There Were Three…(そして3人が残った)」なのですが、Dukeを先にします。

続きを読む

サディスティック・ミカ・バンド – タイムマシンにおねがい

気分転換にロックンロールやってみました。

サディスティック・ミカ・バンドは2年前にやりましたが、一番有名な曲をやっていませんでした。ということで、有名すぎてやってなかったシリーズですね。

ストレートなロックンロールで、3コード以外出てこないし、コーラスのハモリとか一切ないし、適当にギター鳴らしてればできるんじゃん? と思ったらおおまちがい。

続きを読む

400本にはなったけど、中途半端だな

先日、400本アップロードを達成したので、何か書こうと思います。

これまでの道のりはというと・・・

001. 2014/01/27 Genesis – Firth of Fifth
100. 2014/09/24 Genesis – Watcher of the Skies
200. 2015/08/14 TOTO – Pamela
300. 2016/10/16 YES – And You And I
400. 2017/08/11 The Moody Blues – The Land of Make-Believe

最初の100本が異様に速いペースなのですが、これはブログ開始前に半年ほどの準備期間があったので、ある程度ストックを持っていたからです。100本達成の頃にはすっかりストックもなくなり、自転車操業になっていますのでそれ以降が実際のペース。200~300間は14か月かかっています。

が、300~400は1年かかっていない!!

続きを読む

The Moody Blues – I’m Just a Singer(In a Rock and Roll Band)

セブンスソジャーン、ラスト。シングルカットもされた「ロックンロール・シンガー」

前回も書いたように、僕の中ではシングル曲が取って付けたように入ってる印象の曲。ベースのジョン・ロッジの曲。

題名はロックンロールシンガーだけど、原題を見るに、ニュアンスがちょっと違います。「僕はロックンロールバンドの歌手にすぎない」と歌ってます。で、この曲自身は全くロックンロールではありません。

続きを読む

The Moody Blues – When You’re a Free Man

セブンスソジャーン7曲目。マイク・ピンダー作

1曲目の失われた世界へと同様、憂いを帯びた曲。

ラストの曲じゃないんですが、ラストのロックンロールシンガーが「シングルをついでに入れといたよ」てな感じを受けてしまうのです。この曲がラストで、次がアンコールみたいな。

続きを読む