The Moody Blues – When You’re a Free Man

セブンスソジャーン7曲目。マイク・ピンダー作

1曲目の失われた世界へと同様、憂いを帯びた曲。

ラストの曲じゃないんですが、ラストのロックンロールシンガーが「シングルをついでに入れといたよ」てな感じを受けてしまうのです。この曲がラストで、次がアンコールみたいな。

ギターがあまり歪ませない音で入ってます。ちょっといいかも。

フルートがかすれ気味の吹き方でエコーたっぷり、最初ホーンが入っているような錯覚を受ける箇所がありました。

テンポはゆっくり。
基本的に50%スウィングでやっています。ストリングスのタラタラタラタラも50%スウィング。
ですが、ドラムでところどころ4拍目がスウィングなしの部分があり、ちょっと締まってアクセントになっています。

歪ませないギターと言いながら、ラストではフィードバックがかかっており、ほわー、ほわーっという感じでリズムが無くなっていきます。

と思ったら、とても小さな音でつけ足しの演奏が入ってます。これがラスト曲へのブリッジになっているのですが、不思議な感じですね。どのような意図があるんだろうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です