The Moody Blues – I’m Just a Singer(In a Rock and Roll Band)

セブンスソジャーン、ラスト。シングルカットもされた「ロックンロール・シンガー」

前回も書いたように、僕の中ではシングル曲が取って付けたように入ってる印象の曲。ベースのジョン・ロッジの曲。

題名はロックンロールシンガーだけど、原題を見るに、ニュアンスがちょっと違います。「僕はロックンロールバンドの歌手にすぎない」と歌ってます。で、この曲自身は全くロックンロールではありません。

ある意味、ムーディーブルースらしい過飽和な曲。どうやってミキシングしたらいいんじゃい?という感じです。ブラスとギターとコーラスが入り混じって絡み合ってとってもうるさい。

ブラスはメロトロン系の楽器です。ミュージックビデオではレイ・トーマスがサックス吹いてるふりをしているけど、フェイクだとWikiに書いてあった。

このけたたましい音とディストーションギターが一体化して音の鉄板を作ってます。21st Century Schizoid Manみたいな効果ですな。

コピーしてみて気づいたこと。
AメロBm、BメロEm-F#7。このEm、当初マイナーでなくメジャーだと思ってました。たしかに狙ってるように3度の音は弱めにしてるし、コード譜を載せてるインターネットのサイトは判で押したように皆Eと書いてあるんだけど、コーラス聴くとEmって思います。

で、サビがF#mで始まってすぐF#に変わります。サビの最後の部分はBm-F#-F#m、Bm-F#-F#m、と目まぐるしく変化します。この人、同主調のメジャー/マイナー切替が好きなんですね。

童夢のOne More Time To Liveでも同主調でもメジャー/マイナー切替が何回か出てきます。

さてさて、この曲はなんといっても分厚いコーラスワークです。どこが主旋律だかよくわからないけど、とにかくハモってます。ミキシングしていて、どうにも音がごちゃごちゃになっちゃってもやもやするので、2パートに分けて左右に分離させてみましたが、完璧には程遠いです。

まぁこれがムーディブルースなんですよ。セブンスソジャーンを始めるにあたって、音がもやもやしてる録音だって書いたけど、どうやってもそうなっちゃいます。もやもやをちゃんと再現できた(笑)ということにしておきましょう。

ということで、今回はこれでお終い。

セブンスソジャーンをやりながら、童夢のやってない曲も捨てがたいなぁと思いました。それはまた、次の機会に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です