サディスティック・ミカ・バンド – タイムマシンにおねがい

気分転換にロックンロールやってみました。

サディスティック・ミカ・バンドは2年前にやりましたが、一番有名な曲をやっていませんでした。ということで、有名すぎてやってなかったシリーズですね。

ストレートなロックンロールで、3コード以外出てこないし、コーラスのハモリとか一切ないし、適当にギター鳴らしてればできるんじゃん? と思ったらおおまちがい。

ストレートなロックンロールって書いてしまいましたが、そもそもロックンロールのコード進行ってなんだっけ?

で、改めて調べてみたら

I-I-I-I IV-IV-I-I V-IV-I-V

まぁこんな感じ、これに若干のバリエーションがあるわけですが。

じゃぁ今回の曲はどうなの?

イントロ
I-I-IIIb-IIIb-IV-IV-I-I I-I-IIIb-IIIb-IV-IV-I-I

Aメロ
V-V-I-I V-V-I-I

Bメロ
IV-IV-I-I IV-IV-V-V I-I

サビ
IV-IV-I-I IV-IV-I-I V-IV-I-I

ありゃ、全然違った。それにイントロはIIIbも使ってた。ロックンロールって奥が深いのね。

ギターテクニック的には、中間部のギターソロの部分に尽きます。黒船の他の曲、颱風歌でもやってますが、2つの弦を3度でかき鳴らすフレーズです。

同じパターンをIとIVを使い分けながら弾きます。単純と言えば単純なんですが、いかんせん速い。リアルタイムで弾けませんでした。3度ハモリなので、2つの弦を1フレット違いで押さえる時と同じフレットを押さえる時がある訳なんだけど、なんか間違えちゃいます。焦ると他の弦が鳴って音が濁っちゃうし。

ロックンロールはスポーツなのだと悟ったのでした。

この他と言えば、イントロかな。ロックンロールの定番リフなので最初のコード=Aは5弦の開放を生かしつつフレージングしますが、次のCは3フレット上なので開放弦が使えず、5弦3フレットと4弦5フレットのポジションから瞬間的に5弦6フレットを弾きつつ、Aコードの3度上の恰好に移行させないといけないので(分かりにくいな)ちょっと練習が要ります。

ギターは3テイク(少なくともイントロで)は入ってますね。

エンディングはIV-Vを延々10回繰り返し、唐突に終わります。8回じゃなくて10回です。同じフレーズを繰り返しながらトランス状態みたいになっていくわけだけど、うん、なんだ、ビートルズのI Want Youに通じるものがあります。

意外と凝った曲でした。

———————
この曲に続く「黒船」2年前にアップロードしていますので併せて聴いてみてね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です