月別アーカイブ: 2018年3月

Steve Hackett – Please Don’t Touch

Camelシリーズも佳境に入り、ラストにあの曲をと思っていましたが、そういえば4月上旬にSteve Hackettを見に行くんだった、と思い出し・・・

奇しくも2016年のプログレフェスと同じラインナップになってしまいましたが、Steve Hackettも来日するんです。まあね、Genesisは散々やったし、「侍祭の旅」もやったし、どんと来い! と思っていたのですが、今回の来日では幅広くやるらしい。GTRの曲なんかもやってしまうらしい、ということで、少し予習しておくことにしました。

一夜漬けに近いけど。

続きを読む

Camel – Drafted

Camel 1981年のアルバム「Nude」より。邦題「徴兵の時」

僕にとって、CamelはMoonmadnessまでのバンドで、その後の足取りは長らく追いかけていませんでした。その後を聴くようになったのは、ここ5年くらいのことだし、それでもせいぜいBreathlessまでぐらい。

続きを読む

Camel – The Sleeper

1978年のアルバムBreathlessより。邦題「夢想曲」。

2年前にコピーをしていたのですが、かなり苦戦し、そのうち来日時期が迫ってきたので、他の曲を優先してしまった曲のリベンジです。

Breathlessというアルバムはベースがリチャード・シンクレアだった時期で、何曲か歌ってますが、あの特徴的な声をキャメルとして聴くのはどうもなぁ、と思ってしまいます。そして、サックス奏者メル・コリンズも在籍していました。

続きを読む

Camel – Lunar Sea

Moonmadness最後の曲。邦題「月の湖」

アルバムラストのこの曲は正味8分半、だいぶ時間がかかると思いましたが、意外とかかりませんでした。ギター弾くのはしんどかったものの、構成自体は他の曲より複雑ではなかったためだと思います。ベースも単純だったし。

続きを読む