Camel – Air Born

Moonmadness B面2曲目。邦題「ゆるやかな飛行」

Airborneという単語だと、空挺・落下傘部隊みたいな意味があるようですが、リリカルなメロディだし、ちょっと違うかな。邦題「ゆるやかな飛行」はなかなか良い訳かも。

5分ほどの少し長めの曲ですが、あっという間に聴けてしまうのは、例によってドラマチックな展開だからでしょうね。

フルートとピアノのデュエットから始まります。アコースティックで行くのかと思いきや、ストリングスがピッチベンドで入ってきて、いつものエレクトリックになります。

前半、歌は2コーラスあり、長い間奏へ。

まずはアコギとフルートのデュエット、ライブではありえない組み合わせ。しかし、ラティマーさん普通にフルート上手いな。節回しが見事。

続いてリズム隊が入り、エレピをバックにちょっともやもやしたギター。

ここはしゅわーっとしたノイズが入ってますが、これが空を飛んでる場面でしょうね。途中、ビートルズの(その名も)Flyingのフレーズが聴こえます。これ、偶然じゃないよね? パクリ? いや、オマージュと呼ぶのかな?

ここのパートの終盤はギターとフルートのユニゾン。またライブではできない展開になってます。

最後に歌がワンコーラスありますが、オルガンがストリングスに変わってます。エンディングはティンパニみたいなドラムで盛り上げますが、メロディが割と無粋なミニムーグのリードなんですよね。もうちょっと音色に工夫があっても良かったんじゃないかな。

ま、バーデンスさんのシンセリードの音はいつも無粋なんですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です