月別アーカイブ: 2018年3月

YAMAHA MONTAGEとCubaseの設定(その3)

◎細かい、けど重要な話

前回の説明で端折ったところを補足しておきます。

◎MONTAGE側のSetup詳細

・MONTAGEのキーボードから発するMIDI信号は直接音源を鳴らさず、一旦Cubaseに入れてCubaseから出力されたもので音源を鳴らすようにします。MIDI I/OメニューにてLocal Control OFFします。

続きを読む

YAMAHA MONTAGEとCubaseの設定(その2)

◎基本設定

前回は、僕が環境構築をすることになったいきさつをお話しました。今回から具体的に説明していきます。

なお、僕の制作環境であるMOXとCubaseの接続に関しては、かなり前の記事がありますので、併せて参考にしてください。

設定に当たっての前提条件を整理しておきます。
・使う人(カミさん)は鍵盤楽器弾き。専らMONTAGEの音が録音対象。
・当面最大16音色を鳴らす。そのためのMIDIデータを音色ごとに打ち込み、またはMIDI録音。
・ドラムなど、100%打ち込みのトラックもあれば、ピアノなどリアルタイム演奏のMIDI録音もあり。
・どうしてもギターが必要になったら僕が弾く(弾かされる!)ので、それも録音できるようにしておく。
・ひょっとするとそのうちソフト音源も使うことがあるかも。
・MONTAGEに付属してきたCubase AI 9.5を使う。

基本的に僕とパソコンは別です。Cubase Proにバージョンアップすることも一瞬考えたのですが、5万円の追加投資は痛い。限界を感じるまではCubase AIで頑張ってもらいます。

続きを読む

YAMAHA MONTAGEとCubaseの設定(その1)

◎いきさつ

久しぶりに宅録環境に関する記事を書きます。

YAMAHAが2016年に発表したフラッグシップシンセサイザー、MONTAGE(モンタージュ)を中心とした宅録環境を構築する機会があったので、記事にまとめておこうと思います。

僕の宅録環境ではありません。
ん~~~、ぶっちゃけ言ってしまうと、カミさんのです。

続きを読む