月別アーカイブ: 2019年6月

Stevie Wonder – It Ain’t No Use

Fulfillingness’ First Finale B面2曲目。邦題「愛あるうちにさよならを」

他の曲もそうなんですが、このアルバム、伴奏はいたってシンプルです。
ドラム、ベース、エレピのみ。やっぱり歌がこれだけ上手ければ後はどうなっていてもサマになってしまうということか。

続きを読む

Stevie Wonder – You Haven’t Done Nothin’

Fulfillingness’ First Finale B面1曲目。邦題「悪夢」

この曲がヒットしていた頃、何で「悪夢」なのかって分からなかったのですね。歌詞にはnightmareって言葉は入っているけど、どうもポリティカルな現実批判をした歌なんだそうで。原題を訳すと「お前は(やるべきことを)何もやってない」という事らしい。

なるほど、サウンド的にはSuperstitionの類なのかと思ったら違う指向の歌でした。

続きを読む

Progressive Rock Medley, 31 Songs

ファースト・フィナーレの途中ですが、ここで企画ものを1本挟みます。
YouTubeにアップロードした動画がもうすぐ600本に到達します。記念に何かやってみようと思い、これまでの宅録データを編集してメドレーを作ってみました。

切りの悪いこのタイミングでやらなくても、と言われそうですが、原子心母をやった時に「ちょっとした企画を考えていて、1か月以内にお知らせする」と書いてしまいましたからね。

続きを読む

Stevie Wonder – Creepin’

Fulfillingness’ First Finale 5曲目。

A面最後のこの曲は独特の雰囲気を持った、アルバム中で一番異色の曲。
Creepin’とは忍び込むという意味。夢の中に忍び込むことを歌った歌で、妖しさ満開ですな。

でもそれだけじゃなくて、Bメロ/サビはとてもメロディアスな展開なのですが・・

続きを読む

Stevie Wonder – Boogie on Reggae Woman

Fulfillingness’ First Finale 4曲目。

Reggaeはレゲエの事ですが、邦題は「レゲ・ウーマン」。日本でレゲエ音楽が認知されたのは1979年にボブ・マーリーが来日してかららしいので、1974年時点では日本語でレゲエという言葉は一般的じゃなかったみたいですね。

続きを読む