Stevie Wonder – Too Shy To Say

Fulfillingness’ First Finale 3曲目です。

お得意のゆっくりラブバラード。Talking BookのYou and Iと同系列の曲かな。

ドラム無しで、ベース、ピアノとペダルスチールのみで演奏される曲です。ドラック数は少ないし、ギターもないので早めに仕上がりましたが、この手の曲のピアノは同じコードでも同じ弾き方はしないので、意外と手間はかかります。

それと、ペダルスチールは鳴っている音の一部だけがピッチベンドすることが多いので、通常のピッチベンドは使えず、VST3専用でノート単位でピッチベンドに対応した音源じゃないとできません。

コピーするまで、You and I同様にシンセの多重録音かと思ってましたが、音色がギター的だったのでペダルスチールだと気付きました。この楽器、カントリーとかハワイアンとかに使っている例が多いのでR&Bでの使用は意外でしたが、この天にも昇るような音、ちゃんとスティービーのサウンドになっていますね。

普通っぽい曲だけど普通じゃないのはホールトーンスケールが特徴的に使われているからかな。

サビの部分はD△7-Db7-C△7-B7-Bb△7-A7-Dと半音ずつ下がってくる展開。理屈じゃなくって感覚的なコード進行ですが、ダサくならないのが流石のスティービーだなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です