月別アーカイブ: 2018年6月

Steely Dan – My Old School

1973年のアルバムCountdown to Ecstasyより。シングルカットもしたらしい。

以前、僕はブラスが入っていて、女の子3人がバックコーラスやるようなバンドがやりたいと書いたことがありましたが、まさにそれを地で行ってるような曲。ちょっと違うのは、ギターがかなり目立ってるということです。

続きを読む

Steely Dan – Kid Charlemagne

今回からSteely Dan始めます。結構長くなるかもしれません。

Steely Danは4年前にAjaを演ってますが、フュージョンのジャンルでの1曲という視点でした。僕も御多分に漏れず、Ajaから入ったクチですが、後追いですべてのアルバムを聴いています。デビューのCan’t Buy A Thrillはあまりピンとこないんですが、それ以降のCountdown to EcstasyからGauchoまでの6枚は、演奏スタイルの変遷はあれど優劣つけがたく、演ってみたい曲の宝庫です。

続きを読む

年齢を明らかにしました

2018年6月18日で60歳となりました。

今日は年齢を明らかにするに至った心境を書いてみます。読み直したら、自分ながら非常に理屈っぽいのですが、こういう整理は結構重要なのかもしれません。

では覚悟せよ!!

—————————————–
今の日本の社会はできるだけ個人情報をさらさないのが常識になっています。

なぜか?
個人を特定されるとトラブルに巻き込まれる可能性が高まってきているから。

命の危険を感じることまでには至らないにしても、要らぬ勧誘の電話・メールなどに煩わされる頻度は昔に比べ、確実に増えて来たとは感じます。

タレントや著名人など、顔を出し、直接の仕事以外でも世の中に影響を与えている人などは、理不尽な理由も含め、恨みを買うという事もあるかもしれません。にも関わらず、顔を世間に出すいうことは、それによって得るメリットがあるからに他なりません。

結局のところ何が危険なのかというと、リアルに生きている個人に対し、住所・電話番号・社会保障番号・クレジットカードなどが紐づけられると、財産が狙われるリスクが高まるという事でしょう。なので、財産に関する情報を好んで公にさらしている人はいない訳です。

細かく言えばきりがないのですが、今のご時世、おおざっぱに言うと3つのキャラクターを使い分けているのではないかと思います。

続きを読む

Paul McCartney & Wings – Little Lamb Dragonfly

今朝の地震で近畿圏が大変な状況になっていて、お祝い事は気が退けるのですが・・・
まぁなんでも自粛ってのも変なので、予定通り行ってみます。
————————————
本日はPaul McCartney 76歳の誕生日。そして僕も誕生日。

ということで、今回のMcCartneyシリーズの〆です。
実は今回の誕生日は特別で、60回目なんです(ボソっ)。これについては近々に別の記事として書いてみます。

Little Lamb DragonflyはRed Rose Speedwayのなかで一番好きな曲。というか、ビートルズ解散後での曲中、1、2を争う好きな曲です。

続きを読む