月別アーカイブ: 2016年3月

King Crimson – I Talk to the Wind

King Crimson 1stアルバム2曲目

ここんとこ6回Genesisが続きました。まだ若干やり残しがあるのですが、気分を変えてKing Crimson行ってみましょー。

プログレの代名詞的なグループ、かつ超メジャーなアルバム。
このブログを始めた頃、意識的に避けてました。だってベタすぎるでしょ。
続きを読む

Genesis – The Fountain of Salmacis

Nersery Crymeのラストを飾る曲。サルマシスの泉です。

ギリシャ神話を題材にした曲で、アルバムを締めくくるのにふさわしいスケールになっています。

オープニングはミキシングで抑揚をつけ、メロトロンサウンドを強調しています。ベースがポルタメントを効かせています。オープニングと同様の箇所は3回出てきますが、シンセベースを使っているのは最初だけ。ここはなかなかの聴かせどころです。

続きを読む

Genesis – Can-Utility and the Coastliners

Foxtrot、A面最後の曲です。

なかなか渋い曲です、聴きこんでくると、ジェネシスの特徴が凝縮された曲だということが分かります。

タイトルですが、日本人には分かりづらい内容ですねぇ。
中世ヨーロッパの「クヌート王」を題材にしているということですが、はっきり言ってよくわからない。これは他のブログにお任せ。
続きを読む