月別アーカイブ: 2014年2月

The Beatles – Maxwell’s Silver Hammer

このブログを始めてから約1か月。プログレの中心となるグループの曲を10曲アップロードしました。まだまだやってないバンドもいろいろありますが、ちょっとこの辺で守備範囲を広げてみようと思います。
当然のことながら、Cubaseを買っていきなりGenesisの録音を始めたわけではありません。最初は宅録のイロハも分からなかったので、練習を兼ねてビートルズの曲を何曲がやってみました。4か月ほど前のものですが、出来の良いものをボチボチとアップロードしようかと思います。

ご多分に洩れず、僕の音楽の原点はビートルズです。さすがにリアルタイムで聞いたのはCome Togetherぐらいですが、一時期は小遣いのすべてはビートルズのレコード代に消えていたくらいです。子供のお小遣いなので、LPを一気に買うなんてことは出来ないんですけど、お金がたまる度にアルバムを1つずつ買っていたので、リアルタイムよりは早いペース、且つ順不同で聞いています。

200曲以上の中から、選んだ基準は・・・・
・楽器構成など、昔は出来なかった曲
・コーラスの比重があまり高くない曲

ということで、今回アップロードするのは、実質最後のアルバム「Abbey Road」からMaxwell’s Silver Hammerです。

続きを読む

The Moody Blues – One More Time To Live

プログレ カラオケ、10曲目は前回に引き続き、The Moody BluesのOne More Time To Liveです。

同じアルバムからっていうのも芸がないのかも知れないのですが、実はムーディ・ブルース、長いこと童夢とDays Of Future Passedしか聞いたことがなく、ずっと後になって他のアルバムも聞きましたが、聞いた年の感受性の問題なのか、いまいちピンと来ませんでした。でもこの2つのアルバムは何回も何回も聞いていたので、今でも体に染み付いています。
アルバムB面1曲目で、フルートと木管系の音の(おそらく)メロトロンから始まるこの曲は、サビのメロディがアルバム最初の曲「Procession」と共有しているので、アルバムのコンセプトを担う重要な位置づけとなっています。
Aメロの部分はドラムがなく、ギターのアルペジオでソフトに歌い上げますが、しだいにコーラスが分厚くなって、気がつくと音に取り込まれています。tionで終わる言葉で埋め尽くされたサビに圧倒され、なんか雄大なスケールを感じていましたねぇ。

さて今回の録音に関しては、Cubaseのコードトラックというものを初めて使ってみました。コードを入力して、鳴らしたい楽器を指定すると、伴奏をしてくれるというものです。それだけだと、コードを入力した小節の1拍目、3拍目にジャーンとなるだけなんですが、これにMIDIのアルペジエーターを併用すると、あら不思議、それっぽく鳴ってくれるじゃないですか。結構使えますね。ただ、2番目のコードがDonC#だったのですが、このアルペジエーターさんはDmaj7みたいな響きになってしまいました。まぁ音は間違ってはいないんですが、この曲はベースが半音づつ下がっていくように弾いてもらいたいので・・・。なので、鳴らしたいC#の音をMIDIで打ち込んで強制的に鳴らしています。

The Moody Blues – The Story in Your Eyes

今回はムーディ・ブルースのアルバム「童夢(Every Good Boy Deserves Favour)」のオープニングを飾るThe Story In Your Eyesです。71年にシングルヒットもしています。

当時、まだJ-POPなるものが確立しておらず、音楽の世界は「歌謡曲」と「ポップス」で出来ていました。
続きを読む

YES – Close to the Edge

YESのClose to the Edge(危機)は、言うまでもなくYESの最高傑作です。すでに多くの音楽ブログに取り上げられ、言い尽くされた感があります。ですが、やはり自分なりの思いを書いてみようと思います。なぜならば、このブログを始めるに当たってのひとつの目標が、Close to the Edgeをやってみたかったからです。

続きを読む