YES – South Side Of The Sky

本日の取り上げる曲は、YESの4枚目のアルバム Fragile(こわれもの) から、A面最後の曲 South Side of the Sky(南の空)です。

アルバムFragileはメンバーそれぞれのソロ的な曲とバンド演奏の両方が楽しめるわけですが、バンドでやっている曲はRoundabout、South Side of the Sky、Long Distance Runaround、Heart of the Sunriseの4曲です。

YESが初来日した頃、ライブアルバムのYESSONGSが出ました。この曲がとても好きだったので、ライブ録音で聴けるのではと思ってとても期待したのですが、この曲だけが入っていなくてがっかりしたのを覚えています。今でこそYouTubeにアップロードされているライブはあるものの、ライブではやらない曲なのかなと思ってました。
今回の僕の録音では、ドラム、ベース、オルガン、ピアノ、ギター2種類、コーラスとYESの曲としては、いたってシンプルなトラック構成です。リック・ウェイクマンが弾いていて、シンセサイザーもメロトロンも入っていないのは逆に珍しいのではないでしょうか? 一見ふつうのロックです。
でも、ピアノのソロが始まったとたん、ふつうのロックがプログレに変わります。なんだ、この不思議なフレーズは・・・。初めて聞くサウンドはとても斬新で、何回も何回も聞いていました。コーラスも単純な3度ハモリだけではなく、当時の僕には不思議な響きでした。
いつかはYESの曲を自分でもバンドで演奏したいと思いましたが、「キーボードを弾けるのはおけいこ事でピアノを習っている女の子くらいで、ロックなんて聴かない」「シンセサイザーなんて高くて手に入らない」「変拍子についていけない」「ギターが難しくて弾けない」「そもそもジョン・アンダーソンの声が高くてだれも歌えない」とムリだらけで夢のまた夢でした。
唯一僕ができたのは、音をとる(曲をコピーする)ことだったのですが、まぁそのおかげで今こういったことが出来ているわけです。このあたりのことは、また日を改めて別に書こうと思います。
さて、YESはクリス・スクワイアのベースも特徴的です。というか、この人のベースこそがYESなんだと思います。ギンギンとリッケンバッカーならではの音を鳴らしています。この曲の中間部は静かなのでベースがとても良く鳴ってます。僕もそんな感じの音色を探して打ち込んでみました。うまくYESのサウンドになっているかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です