月別アーカイブ: 2018年9月

Genesis – Follow You Follow Me

…And Then There Were Three…ラスト。

ジェネシス初のビッグヒットとなった曲。3人の共作。

アルバムはA面5曲、B面は6曲。どうにもこのラスト曲はアルバムの一部というより、シングルをオマケにつけました風にしか聴こえません。他の曲とは雰囲気が違って聴こえます。

続きを読む

Genesis – The Lady Lies

…And Then There Were Three…B面5曲目。邦題「謎の女」

バンクスさんの曲は、やはり時間がかかりました。

フィル・コリンズがボーカルとなったジェネシスはのライブで、さすがにピーター・ガブリエルのような奇抜なパフォーマンスはなかったものの、観客を楽しませる演出はあったようです。

続きを読む

Genesis – Say It’s Alright Joe

…And Then There Were Three…B面4曲目。

アルバムも終盤に入ってきました。

静かに静かに語りかける曲。リズムがあいまいなのでDTM的には面倒です。
長い余韻を5拍子と捉えるか、6拍子と捉えるか。どっちにしてもそれだけで間を構成するのは不自然なので、テンポを細かく変化させます。

続きを読む

Genesis – Many Too Many

…And Then There Were Three…B面2曲目。

シングルヒットとして成功したFollow You Follow Meに続き、アルバムからシングルカットされた曲ですが、それほどヒットはしていません。

バンクス作のバラードですが、さほど目立った特徴もなく、コーラスワークもなく、淡々とフィル・コリンズが歌い上げる曲。割と短い曲でピアノとストリングスがずっと入っていますが、Wikipediaに拠れば、メロトロンを使った最後の曲なのだそうです。

そう言われてみれば、少し感慨深いものがありますが、言われなければ新しいストリングス系キーボードにも聴こえてしまう。

なんかね、このアルバム、音がもやもやしてるんですよ。

それくらいかな。本日は短めでした。