Santana」カテゴリーアーカイブ

Santana – Europa(Earth’s Cry Heaven’s Smile)

サンタナ、最後にこの曲やっときましょう。往年のギター小僧御用達「哀愁のヨーロッパ」

あくまでギターが主役なこの1曲。同様の曲で「君に捧げるサンバ(Samba Pa Ti)」もありましたが、やっぱこっち、哀愁のヨーロッパかなぁ。

1976年のアルバム、アミーゴに収録されていて、ヒットもしましたね。

続きを読む

Santana – Incident at Neshabur

引き続きサンタナ。Abraxas A面最後の曲、「ネシャブールでのできごと」

このアルバムでは一番好きな曲。ジャズテイストでドラマチックな展開になってます。
ピアノも弾いているアルベルト・ヒアンキント(Alberto Gianquinto)という人とカルロス・サンタナの共作とCDのライナーノーツに書いてあります、が、ネット上にほとんど情報がありません。サンタナのファーストアルバムのアレンジも手掛けているということしか分かりません。

続きを読む

Santana – Black Magic Woman/Gypsy Queen

今さら超有名な曲をやってみるシリーズ。今回からサンタナをまた少し。

今回の曲についての説明は言うまでもないのですが、いちおう作曲者について記述しておくと、ブラック・マジック・ウーマンはフリートウッド・マック(Fleetwood Mac)のピーター・グリーン(Peter Green)、ジプシー・クイーンはガボール・ザボ(Gabor Szabo)という名のジャズギタリストです。

続きを読む

Santana – One With the Sun

今回のサンタナのカバー、最終曲はサンタナ1974年のアルバムBorboletta(不死蝶)A面5曲目。邦題「太陽のもとへ」

不死蝶はリターン・トゥ・フォーエバーのメンバーとの共演で話題になったジャズ期のアルバムですが、この曲は通常のバンドメンバーによる演奏。

クセの強いアルバム内にあって、割と聴きやすい曲なのですが、作曲者がJerry Martiniとなっています。調べてみると、スライ・アンド・ファミリーストーンのサックスの人らしい。ただ、One With the Sunの演奏はサンタナしかいないみたいなので、ブラック・マジック・ウーマンのようなカバー曲という訳ではないらしい。

続きを読む