月別アーカイブ: 2015年8月

Steve Hackett – Hands of the Priestess/A Tower Struck Down

Voyage of the Acolyteの2-4曲目のメドレーです。

タロットカードの女教皇、塔になります。
Hands of the Priestessは2つのパートに分かれていて、A Tower Struck Downを挟む形になっています。

このアルバムは12弦生ギターがふんだんに使われています。僕がそういう楽器をもっていないというのもありますが、12弦に関しては、僕が弾くより打ち込みの方がきれいですね。

続きを読む

Steve Hackett – Ace of Wands

前回の更新から1週間ほど空いてしまいましたが、またアップロードを再開します。
今回から、スティーブ・ハケット、1975年、ジェネシス在籍時のソロアルバム「Voyage of the Acolyte」です。

眩惑のブロードウェイのツアー終了直後に録音されたということで、ピーター・ガブリエルの脱退宣言との前後関係はよくわかりませんが、フィル・コリンズ、マイク・ラザフォードが参加しており、間違いなくThe Other Side of GENESISという仕上がりになっています。

続きを読む

TOTO -Africa

TOTOのNo.1ヒット曲、Africaです。

TOTOの締めくくりにもう1曲ということで。

TOTO IVの最後にそっと収録されていて、最初はシングルヒット狙っていなかったんじゃないかなぁと思います。TOTOの中でも異色な曲なのでは、と思いますが、結果的には一番のヒット曲になっています。

続きを読む

久々に雑感など・・・

耳コピ動画もめでたく200本になったことだし、久々に雑感でも書いてみようと思います。

記録に拠れば、ブログを始めたのが2014年2月で100本達成したのは9月末でした。8か月で100本いってるのに、それから100本に11か月近くかかってしまっています。でも、これには理由がありまして、ブログを始める前に録音の蓄積があったからです。むしろ最近のほうがペースは上がっていると言えます。

いや、決して動画の本数を増やすこと本位でやってきたつもりはありません。1年前にも、以降は質を高めるべく、更新頻度は落とすかも・・・と書いていたのです。ですが、いつの間にか3日に1本ペースに戻ってしまいました。これはいけない!

続きを読む

TOTO – Pamela

TOTO、1988年のアルバムThe Seventh Oneのオープニング曲です。

僕が取り上げる作品としては、比較的新しめの曲になります。と言っても88年だから30年近く前なんですけど。

ボーカルが3代目のジョセフ・ウィリアムスです。その当時、とっても若造臭がプンプンしていて、他のメンバーより浮いている感じがしないでもなかったんですが、スティーブ・ルカサーと3歳しか違わないんですね。そんなものか。
続きを読む