月別アーカイブ: 2017年7月

The Moody Blues – Lost In a Lost World

約2年ぶりのムーディ・ブルースです。

往年の5大プログレッシブ・ロック・グループとして、EL&P、YES、King Crimson、Pink Floyd、そして5つ目にGenesisを入れるか、The Moody Bluesを入れるか、なのですが、1970年代初期の日本において、それは間違いなくムーディ・ブルースだったと思います。

続きを読む

Santana – Europa(Earth’s Cry Heaven’s Smile)

サンタナ、最後にこの曲やっときましょう。往年のギター小僧御用達「哀愁のヨーロッパ」

あくまでギターが主役なこの1曲。同様の曲で「君に捧げるサンバ(Samba Pa Ti)」もありましたが、やっぱこっち、哀愁のヨーロッパかなぁ。

1976年のアルバム、アミーゴに収録されていて、ヒットもしましたね。

続きを読む

Santana – Incident at Neshabur

引き続きサンタナ。Abraxas A面最後の曲、「ネシャブールでのできごと」

このアルバムでは一番好きな曲。ジャズテイストでドラマチックな展開になってます。
ピアノも弾いているアルベルト・ヒアンキント(Alberto Gianquinto)という人とカルロス・サンタナの共作とCDのライナーノーツに書いてあります、が、ネット上にほとんど情報がありません。サンタナのファーストアルバムのアレンジも手掛けているということしか分かりません。

続きを読む