月別アーカイブ: 2015年12月

ペンタトニックスケールの使い分け

本日連投です。

少し前のQueen – Father to Sonの最後の部分のアドリブで、キーGに対して、GペンタとB♭ペンタを行ったり来たり・・・というような事を書きました。これについての補足。

B♭ペンタって要するにGマイナー・ペンタトニックスケールでした。
CとAmのような、平行調の関係ですね。B♭とGm

ということで、話は「GペンタとGmペンタの使い分け」ということになるらしいです。

続きを読む

大きな音を出さずに、ギターにフィードバックをかけるアイテム

また、だいぶ空いてしまいました。

クリスマスの後忘年会があって、二日酔いでなにやら調子が悪いなとウダウダしていたらいつの間にか大晦日に・・・ヤバイ。

今年の締めくくりというほど大層な記事は書けないので、過去に書いた内容に関連して、その後分かったことを書いておきましょう。

10月にピンクフロイドのエコーズをアップロードした際、ポンペイライブの音は、広い場所で思いっきり大きな音を出してフィードバックをかけないとね・・・というような事を書いたのです。

その後もつらつら考えておりました。

続きを読む

Queen – White Queen (As It Began)

Queen IIのA面3曲目

Father to Sonのフェードアウトと同時に静かにバックの持続音がフェードインしてきます。本当は通しでアップロードすればよかったんだろうなぁ。

この曲もギター重ねまくりです。
のっけから6トラック使っちゃいました。

でもこの曲で重要なのはそこではありません。

続きを読む

Queen – Procession/Father to Son

今回からQueen IIを何曲かやってみます。

第1回目はアルバムトップのメドレー

クィーン2はデビュー2枚目にして初期の名作。

ブライアン・メイ中心のWhite Sideとフレディー・マーキュリー作曲のBlack Sideから成り、その高い音楽性でクィーンが決してビジュアル系バンドではないことを示した作品ですね。
続きを読む

1910 Fruitgum Company – The Train

ちょっと体調を崩しまして・・・風邪かなぁ。
寝込むほどじゃないけど、根を詰めた作業が出来なかったのです。

じゃぁこの機会にとっておき??を蔵出ししちゃおう。ってのが今回。

1969年のポップス。1910フルーツ・ガム・カンパニーのトレインです。

そもそもロックなるものを好んで聴くようになる以前は、AMラジオでポップスとかを聴いていました。この曲はそんな中の1つです。

続きを読む