ホルスト – 金星(組曲「惑星」より)

懲りもせず、またクラシック

前回に続き、またオークストラです。

せっかくなら、くるみ割り人形の組曲全部と行きたいところですが、やってみたい曲優先ということで、ホルストの惑星から、金星です。食い散らかし状態ですね。

「惑星」の中で、一番情緒的で好きな曲です。ホルストは1934年没なので、まだ死後100年経ってません。

そういえば、昔、富田勲さんがシンセサイザーで惑星をやったのが1977年。まだ死後50年経っていなかったのですね。ホルストの遺族に編曲許可を取ったみたいな話をどこかで読みました。あー、Wikipediaにも書いてありますね。部分演奏も禁止だったのか・・・。平原綾香はその時代だったらシングル出せなかったのね。

難易度は花のワルツの比ではありませんでした。

多分、僕のは相当に聴き落としがあるでしょう。楽器の割り当ても自信ない。ソロで演奏している部分がありますが、バイオリンとビオラとチェロの区別なんて出来ません。

漫然と聴いていると、拍子と小節割りが不明なのです。これは、クラシック特有のテンポの大きなうねりのせいです。

4拍子から3拍子になって、バイオリンがソロを取る所がありますが、どこが小節の頭なのかよくわかりません。木管がバッキングをしていますが、それを頭ノリと見るべきなのか、ウラノリと捉えるべきなのか?

小節No.47まで聴いてきて、たぶんウラノリだろうと判断していますが・・・

全体的に静かな曲調ですが、時々情感たっぷりに抑揚をつけるのが美しい。
指揮者ってきっと楽しいだろうな。

今回は、名曲喫茶にいそうなオヤジになり切ってしまいました。

え~と。

次回はクラシックやめときます。今後は? まぁたまにやるくらいかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です