月別アーカイブ: 2019年1月

松任谷由実 – 埠頭を渡る風

流線形’80より

アルバム9枚から1曲ずつ一巡しましたが、もう少しだけ、ということで流線形’80より2曲目です。

これまでのユーミンの曲調と少し傾向が異なるので、以前だったら選曲しなかったと思います。なぜ取り上げたかのかと言えば、オーケストラを存分に使った大規模な曲をやってみたかったから。

続きを読む

松任谷由実 – DANG DANG

1982年のアルバム、PEARL PIERCEより

スラップベースが印象的な曲です。

テンポは62で、それだけ見ればゆったりした曲ということになるのですが、そんなことはないですよね。どうも小節の区切りをどうとるのかという問題で、倍の124と採ることもできます。

続きを読む

松任谷由実 – わき役でいいから

1981年の12インチEP、「水の中のASIAへ」より、ラスト曲

12インチEPとは、恰好は30cmLPだけど、45rpmでシングル約2枚分の録音容量しかない円盤。4曲入りだけど、アルバム同等にカウントされているようです。

すべてがアジアをテーマにしたコンセプトアルバムですが、「わき役でいいから」はその中にあって、あまりASIAを濃く感じさせない作りになっています。まぁ歌詞中には異国で暮らす元恋人を想う描写がありますが。

前回から3日でのブログ更新ということで、ここの所では割と早めでした。たしかにコピー、演奏という点では比較的楽だったかもしれません。

ですが、何も特徴がないなんてことはありません。

続きを読む

松任谷由実 – 未来は霧の中に

1979年のアルバム、OLIVEより、A面1曲目

今回シリーズの選曲、なぜかA面1曲目が多いですが、狙ってるわけではありません。

ビートルズっぽい音なので選んでしまったのかも。
何に似てるとはあえて書きませんが、いろいろな要素がごった煮かな。

1964年の東京オリンピックを間近に控える高度経済成長期のことや、1969年アポロ11号の月面着陸の話が出てきます。

続きを読む