月別アーカイブ: 2016年2月

Genesis – Mad Man Moon

A Trick of the Tailの4曲目

アルバム聴きはじめた当初はあまり印象に残らなかったのです。あ~、こんな曲あったねというポジション。でもよく聴くと、これ、Firth of Fifthの路線なんですね。

ストリングスはまだメロトロン。でもこれがメロトロンのほぼ終焉。クリムゾンのような「いかにも」という使い方じゃなくて、さりげなく。

冒頭はフルートのようでフルートでないシンセ。ピアノはあくまでも静かに。

続きを読む

YES – The Remembering

YESの海洋地形学から、2曲目

海洋地形学の物語、1曲目を演ったのは2年前です。今聴くと、ギターがひどい。いつかやり直したいと思いつつ、曲を先に進めました(笑)。

この曲は4曲の中では一番地味ではありますが、情緒あふれた作品で、僕は好きです(まぁどれも好きなんだけど)。2枚組で時間をたっぷりとってあるってのもあると思いますが、アルバムのイラスト?写真?で載っているような、ゆったりと雲の流れる情景を感じ、いやぁ凄いなと思ったものです。危機のような緊張感はなかったけど、僕にとっては期待を裏切らなかった作品でした。
続きを読む

National Health – Borogoves Part One

久々のカンタベリー。ナショナルヘルスの1枚目からは初です。

Borogovesってのは不思議の国のアリスに登場する架空の鳥です。森で道に迷ったアリスにチシャ猫が意味不明の詩(ジャバウォッキー)を読み上げるのですが、その中で
「All mimsy were the borogoves」って言っているんだそうです。
ググれば画像も見つかりますが、あ~、どこかで見たことありますね。

そういう音楽なの?
続きを読む