僕が耳コピでお手伝いをした本が発売されました・・・イタリアで

なかなか貴重な経験をしたのでご報告です。

これまで何回か書いていますが、「MIDIデータ下さい」という依頼が結構来ます。
買いたいという依頼も時々来ます。

MIDIデータからは楽譜を作ることができます。MIDIデータの販売や譲渡は楽譜をばらまいていることになるのです。僕はコピーの打ち込み専門なので、楽曲の著作権を持っていませんし、楽譜の出版権も持っていません。なので販売も譲渡もできないのです。

以前は丁重にお断りしてきたのですが、その都度結構な手間です。なので、だいぶ前にサイト説明のページにお断り文を載せ、以後無視することとしました。

それでも時々依頼は来るんですけどね。


今年の春:2020年4月2日、COVID-19の緊急事態宣言が出るのかどうかと騒がれていたころ、このブログの「Caravan – The Dabsong Conshirtoe」のページに日本語のコメントが付きました。残っていますので確認することができます。

Lelio Camilleriさんというイタリアの方でした。

曰く、

「イタリアのボローニャ音楽院の教授だが、Caravanの解説本を書くのでこの曲のコードなどを教えて欲しい。」

とのこと。

機械翻訳っぽくはなかったのでメールで尋ねてみたところ、お身内に日本で生活した経験のある人がいるとのこと。

さらに名前でググると、あら、本当に本を出してる人だ。
本を出すのだから、著作権処理は事前に済ませているということらしい。

ということで、The Dabsong ConshirtoeのMIDIデータをメールで送りました。

この時期のイタリア北部の新型コロナウィルスのパンデミックは大変な状況でしたよね。

その中で本を書いていたんですね。

そして約半年たった10月26日。
本ができたので日本に送るよという、うれしいメールがあり、おととい11月16日に本をいただきました。

届くまで3週間もかかっているのですが、これまたCOVID-19で飛行機の便数が極端に減っている影響らしいですね。やはり大変な状況です。

さて、その本ですが・・・

タイトルが
LA MUSICA IN GRIGIO E ROSA

英訳すると
The Music in grey and pink

Caravanを知っている人なら思わずニヤリとしてしまうタイトルですよね。

僕はイタリア語はほとんど分からないのだけど、翻訳ソフトを頼りに眺めるとCaravanの全レコードの楽曲の分析です。曲の構成とかレコードでの楽器の配置とか、特徴的な部分の楽譜とか。200ページほどあります。

僕が協力したのはその中の1曲でしかないのですが、この曲、アルバムB面のほとんどを占める6パートから成る18分の組曲でして、14ページを割いているのでまぁそれなりの量はあるのかも。

どこかに謝辞があるのかなと探すと、なんと本の「まえがき」とこの曲の解説ページと2か所に紹介されてました。訳すと、

「この曲の全ての楽譜例は、Shijima Hiiragi(改めて感謝)の優れたカバー作品に拠るものです。」

という事らしい。ありがたや。


以上のように、なかなかの経験でしたが、僕が言いたいのは、決してケチでMIDIデータを温存している訳ではない、ということなんです。

このように合法的な目的なら、協力を惜しむことはありませんので。

1 thought on “僕が耳コピでお手伝いをした本が発売されました・・・イタリアで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です