月別アーカイブ: 2020年1月

Steely Dan – The Boston Rag

Steely Dan5曲目は1973年のアルバムCountdown to Ecstasyより

このアルバムは僕の好きな曲が多いのですが、今回の選曲は最終的に演奏の難易度で決めたという感じでしょうか。

Aja以降の洗練された形とは似ても似つかないサウンドなのですが、ロックバンドとして良い音をだしてるなぁと思うのです。ドラムが手数が多く、Aja以降のシンプルさとは対照的です。

続きを読む

Steely Dan – Green Earrings

Steely Dan2曲目は1976年のアルバムThe Royal Scamより

アルバムThe Royal Scam(幻想の摩天楼)はギターがたっぷり入っている、ということなんですが、この曲はまさにギターがたっぷり。

クセのある曲調ですが、いつにもましてエグさ満開。極まれり。スティーリー・ダンによっぽどハマってる人じゃなきゃ、好んで聴かないでしょう。

続きを読む

Steely Dan – Black Cow

今回から1年半ぶりにSteely Danをやります。
初回は1977年のアルバムAjaの1曲目

Steely Danはコピーするのも刺激的で、多分に自分の趣味的要素が強いのです。歌い手の立場からすると、クセが強すぎてやりにくいでしょうね。

Can’t Buy a ThrillからGauchoまで7枚(その後に一応2枚あるけど、ほとんど聴いてない)、これまで13曲ほどやったけど、まだまだやりたい曲は尽きないです。

今期最初はみんなが知ってるAjaの最初の曲にしました。

続きを読む