松任谷由実 – NIGHT WALKER

今期ユーミン11曲目、たぶんこれで最後です。REINCARNATION より。

ギターの音色が印象に残る曲です。アルバムクレジットには複数の奏者があります、音色的に鈴木茂さんかとは思うのですが、確信はありません。

ベースとなっている音はエレピとピアノ。Aメロはエレピだけのような気がします。
でもやはりこの曲はギターですね。

イントロの旋律をオクターブで弾いているのですが、初っ端の響きがオクターブ奏法的ではないので2テイク弾いているのではないかなぁ。でも2小節目のフレーズの終わり方がスライドダウンしているのでオクターブ奏法的でもあります。クリーンな音色なのでどっちにも聴こえます。

実際やってみると、オクターブ奏法だとめっちゃ難しいので2回弾きました。

右側のギターはカッティングでリズムを刻んでいます。うんちゃ、うちゃ。エレピのリズムは3/8+5/8。ですが、Aメロ後半(小節No.21と23と25)は4/8+4/8となってます。これ歌2番でもそうなので気分でやってるのではないのですが、ギターのリズムは変わらず。まぁ矛盾してないから問題ないです、はい。

ギターの細かいオカズは要所に入っていますが、サビ繰り返しのつなぎ目に入っている4度のキメが大好きです。

ユーミンのボーカルですが、これもバックコーラスというより自身のハモリ。どうも僕はこういう曲が好きな傾向なのかも。

さて、この曲は間奏がなく、エンディングが比較的長いギターソロになっています。
なんかスライドバーでやってるような印象があったんですが、これチョーキングですね。というか、ほとんどチョーキングで出来ています。クラプトンみたいなスロウハンドです。

と、ここまでそれなりに頑張って録音しましたが、出来たのを聴いていて、何か足りない感。なんか透明感のような何か。

そう思って聴いていると、アコースティックギターが入ってるような気がします。
ん、でもAメロには入ってないな。でも2番Aメロには聴こえるかも。ほとんど隠し味かなぁ。

1 thought on “松任谷由実 – NIGHT WALKER

  1. hiro taka

    何枚か出ているベスト盤で、このアルバムからは、この曲が選ばれていることが多いし、いまだにコンサートで歌ってるので、名曲と言っていいと思います。ギターが中心なので、後ろで響いてる音がPadなのかストリングスなのかは、聴いてもよく分からないです。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です