お知らせ」カテゴリーアーカイブ

YouTube収益、初めての振り込み

とっても今更なんですが、以前の記事で「また今度報告」と書いてしまったので簡単に報告しておきます。

2019年10月に僕のYouTubeチャンネルが収益化開始となりましたが、そう甘くはありません。収益は日本においては累積で8000円貯まらないと振り込まれないんです。

昨年の報告で、1か月でコーヒー1杯くらいしか飲めないんじゃ・・・と書きましたが、当たらずとも遠からずです。今年7月末の〆でやっと8000円を超えました。

続きを読む

コラボチャンネル「ジャムスペース」について

僕のTwitterをフォローしている方ならもうご存知かと思いますが、1か月ほど前から新たなYouTubeチャンネル「ジャムスペース」を始めました。

といっても、僕の2ndチャンネルではなく共同運営のコラボチャンネルです。今回はそのいきさつについての報告です。

2019年秋に「音楽投稿コミュニティJam Studioに参加しました」という記事を書きました。Jam Studioというのはもともとソニーエンジニアリングが2017年11月に始めたiOS専門の音楽投稿SNSです。

オンラインで8トラックのマルチトラックレコーダーのような機能を持ち、これによるユーザー同士のコラボレーションが可能でした。しかもユーザー数を拡大させる意向だったのか、無料という太っ腹。

僕はファイルでの投稿が可能となったのを機会に参加し、YouTubeに上げて来た音源を元にコラボを楽しんでおりました。

ところが、今年2020年の4月末を持って、サービスが終了してしまったのです。

理由は説明されていませんが、僕はコロナ禍の間接的な影響なのでは? と思っています。まぁ、あくまでも推測ですが。

続きを読む

音楽投稿コミュニティ「Jam Studio」に参加しました

1か月ほど前から音楽投稿コミュニティ「Jam Studio」に「柊しじま」で参加しています。今日はその経緯などのご報告です。

ブログ、YouTube投稿以外の活動として、約2年前から音楽投稿コミュニティ「nana」に参加しています。参加したきっかけは、PC/WebからのWavファイルによる投稿が可能になったからでした。

参加した頃はインストールベースでユーザー数400万と称されていました。が、2年経った今現在800万ユーザーだそうです。超大型コミュニティであり、お化け度合いも拍車がかかっています。

nanaのユーザー数の伸びは、簡単、手軽ということにあると思います。
投稿できる音は90秒、しかもモノラルです。じっくり音楽を楽しむというよりは、投稿のハードルを出来るだけ低くして、コミュニケーションに比重を置いたコンセプトなのですね。

加えて言うならば、歌うためのコミュニティであり、あくまでも歌うことを楽しむように設計されていると思います。

こういう中にあって、2017年11月にソニーエンジニアリングがJam Studioという新たな音楽投稿サービスを開始しました。最長10分、ステレオ8トラック、という音質重視派には夢のようなスペックです。

続きを読む

YouTubeチャンネル登録者が1000人になり、収益化開始しました。が・・・

2019年9月28日。YouTubeチャンネル登録者が1000人になりました。このチャンネルを応援してくれる皆様に厚く御礼申し上げます。(..)_

チャンネル登録者が1000人というのは一つの節目である訳ですが、YouTube投稿者にとっては大きな意味があります。それは「収益化=お金がもらえる」条件だからです。

続きを読む

音楽投稿コミュニティ「nana」に登録してみました

3週間ほど前、藤本健さんのDTMステーションというDTMに関する情報サイトで、スマホ専用音楽投稿アプリのnanaが、PCからのWebアップロードに対応したという記事を読みました。

このnanaというサイトは、「歌う」ことを中心に音楽で交流するSNSで、ユーザー数400万人、世界113か国で使われていると称されています。

歌うためには伴奏が必要で、伴奏者へのニーズが高いということらしい。そして、著作権への対応も、YouTubeと同様に、JASRAC、Nextone登録曲の自身演奏・歌唱であれば投稿OKということで、オリジナル作品が無くても肩身の狭い思いをしなくて済みそうでした。

でも、400万人? 本当かいな・・・と思い、ちょっと興味を持ったので、覗いてみました。

続きを読む