フォーク」カテゴリーアーカイブ

America – Daisy Jane

America 9曲目。今回で最後です。
1975年のアルバムHeartsのオープニング。

三月末に来て2日間ペースでの投稿が続いています。別に年度末の予算消化でもあるまいに、急ぐこともないのでしょうが、出し惜しみはしないという事で・・・

今期のAmericaシリーズ、最終回も初回のSister Golden Hair同様Heartsからです。

結局Hat Trick、Holidayからはやりませんでした。Tin Manとかベスト盤で聴いてはいるものの、やはりリアルタイムで聴いていないので印象が薄いです。

続きを読む

America – Three Roses

America 8曲目。デビューアルバムの3曲目。

これまで取り上げた曲は(狙ったわけではありませんが)、シングルでも発売されていた曲でしたが、今回初めてアルバムでしか出ていない曲です。

これまでの8曲中、Heartsから1曲、Homecomingから3曲、デビューアルバムは4曲(名前のない馬は後日収録された曲ですが)。僕の感じるAmericaは、やはりデビュー当時のギター中心のジャカジャカなんだなぁと思ってしまいます。

続きを読む

America – Don’t Cross the River

America 7曲目。前回同様、Homecomingより。

初めてダン・ピークの作品を取り上げます。

Ventura Highwayの次のシングルとしてリリースされましたが、さほど上位には入っていません。

前回も書いたけど、ダン・ピーク、おそらくグループ内で最もカントリー風の音を持っている人です。アルバム内、他にもCalifornia RevisitedとSaturn Nightsを書いており、なるほどなという感じです。

続きを読む

America – Riverside

America 5曲目は、デビューアルバム1曲目。

彼らのデビュー曲と言ってもいいのだろうか?

アルバムのオープニングは、やはりキャッチーなサウンドを意識するだろうなぁという作り。勢いの良い2台のアコギのストローク、軽やかなリズムに9thの音の乗った3rdギターが絡みます。

続きを読む