Camel」カテゴリーアーカイブ

Camel – Summer Lightning

Camel、7曲目。Breathlessより。これで今期のCamelは最後になります。

今期のキャメルの選曲方針からは外れますが、以前にリクエストがあり、身内からもやれという声があり、やってみました。ピーター・バーデンスがいます。アンディ・ウォードもいます。

リチャード・シンクレアがボーカルを務めるキャラバン成分の高い時期(キャラメル期)の作品です。同じアルバムからは、以前 EchoesとThe Sleeperをやったのですが、Summer Lightningも割と人気があるのかな?

続きを読む

Camel – Three Wishes

Camel、5曲目。1999年、Rajazより

1999年に発表したアルバムはアラビアンテイストたっぷりのアルバムでした。

この雰囲気なんか違和感があるんですが、考えてみれば、Camelはラクダなのだからして、実はバンド名に一番ぴったりのコンセプトなのかも知れません。

続きを読む

Camel – Coming of Age

Camel、4曲目。1996年、Harbour of Tearsより

前作Dust and Dreamsから5年を経て発表されたアルバム。その終盤クライマックスで7分を超えるインストで、内容も盛りだくさんです。

ライブでも演奏される曲ですが、長い曲なのでだいぶかかっちゃいました。

まず冒頭は弦楽カルテット風の伴奏から、ジャンジャンと鳴るスピカートにピチカートまでついてます。ここにティンパニとともに太い音色のギターが登場。キャメルっぽいメロディが演奏されます。

続きを読む