松任谷由実 – 吹雪の中を

今期ユーミン9曲目、Delight Slight Light KISS よりもう1曲。

前回、寒いので夏の曲をと言っていたのに、手のひら返しの選曲です。

この曲、ダイアモンドの街角と同系統の曲ですが、印象に残ったので選んでしましました。ネットを調べても気の利いたエピソードは出てきません。アルバムのなかに密かに入っている1曲。

歌詞からわかるのは、想いをよせる人がいる所に向かい、視界の効かない吹雪の中を車を走らせているというシチュエーション。全体的にリバーブが効いています。実際の吹雪では無響状態で残響とかはありえないと思いますが、まぁ切ない心の描写ですからね。

ホワイトアウト、結構ヤバイ状況ですが、そんな時に限って世界は美しく幻想的、ハープの音色も奏でられるコードも神秘的。Aメロは切ない気持ちを反映しているのか、7小節です。そしてそれに続くBメロはAメロの3度上という展開。いやそれ以前にも転調してるのか?

サビは切ないマイナー9thで来るのですが、最後の2小節がベースが一つ上のフュージョンのコードで、ここでも転調し、異次元へ行っちゃうというか、ホワイトアウトしちゃうっていうか。う~ん、やはりユーミンのセンスは恐るべし。

打ち込み中心の曲ではありますが、グッとくるギターが入っています。
というか、客観的に見れば、リバーブたっぷりのボケーっとした音で、和音を弾いても淡く濁ってしまうような音なんですが、オクターブ奏法に合っています。シブいジャズで出て来るような大人の音ですね。

最初オクターバーエフェクトで楽をしちゃおうかと試しましたが、タッチが違うのか全然雰囲気がでません。やはりオクターブでたどたどしく弾かないとダメです。

間奏で盛り上がって歌3番が始まる所で一瞬だけギターのスライドが入りますが、僕の演奏、なんか吹雪じゃなくて一瞬ハワイが見えてトロピカルになってしまったような気がしないでもありません。う~ん、何が違うんでしょうかね?

1 thought on “松任谷由実 – 吹雪の中を

  1. hiro taka

    こんにちは。レアな曲をありがとうございます。
    この曲で印象に残ってるのは、苗場でのコンサート終了後に、深夜ラジオの「オールナイトニッポン」で、ピアノ伴奏での歌唱が放送されたことです。
    記憶が確かなら、1988年。セルフカバーをしてました。「いちご白書」をもう一度、赤いスイートピー、まちぶせ、などは、この年じゃなかったかなあと思います。最後にNEWアルバムから「吹雪の中を」を歌ったように思います。という位しか記憶に残ってないです。
    歌ってるとしたら、苗場でのコンサートでは、やってるのかもしれないです。
    「ダイヤモンドの街角」は、通常のコンサート、SHANGRILAでも歌われるメジャーな作品ですけど、「吹雪の中を」は、リクエストがあれば歌う程度じゃないかと思います。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です