Steely Dan – Green Earrings

Steely Dan2曲目は1976年のアルバムThe Royal Scamより

アルバムThe Royal Scam(幻想の摩天楼)はギターがたっぷり入っている、ということなんですが、この曲はまさにギターがたっぷり。

クセのある曲調ですが、いつにもましてエグさ満開。極まれり。スティーリー・ダンによっぽどハマってる人じゃなきゃ、好んで聴かないでしょう。

4度重ねで作ったコードパターンを平行移動させながら作られたリフ。そこに思いっきり泥臭いギターが炸裂してます。これは彼ら流のファンクなんでしょうか?

左側にクラヴィネット、右側にリズムギター。まったく同じことをやってます。わざわざクラヴィネット使わなくてもよいような感じですが、ドナルドフェイゲンが弾きながら歌いたかったのかな? この曲、YouTubeにあるライブでも結構お目にかかります。

救いは間奏。
ここのギターは弾き手が違うような気がしますね。非常にメロディアス。それが終わって歌かと思ったら、また12小節ギターソロ。

で、短くBメロがあった後、エンディングもまたギター。
ここは結構メチャクチャに弾いてます。カッコいいけど。

何人使ってるんだろう?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です