松任谷由実 – 夕涼み

今期ユーミン8曲目、1982年のアルバム PEARL PIERCE より。

PEARL PIERCEからは1年ほど前にDANG DANGをやっているのですが、今回追加でもう1曲。
なんとも寒いので夏の曲をやってみました。

コンガのムーという音(Moose Call)、夏の音ですね。

音数は少なめで、コードを弾いてるのはエレピのみ。ベースも短い音のみでリズムを作ります。全体的にサウンドはスカスカで、それ故、演奏には神経を使います。
この曲もギターはブリッジミュートを多用しています。
さすがに慣れてきましたが、このテンポはなかなかノリをキープするにはつらいスピードだなぁ。

コピーしてみて改めて思ってみたのは、コードの使い方の巧みさです、かね。
イントロ-Aメロ-Bメロ-サビとしだいに盛り上がっていき、サビの3小節目とかもう痺れます。ストリングスの高音も本当に夏の夕暮れという感じですなぁ。

ハモリですが、Aメロはバックコーラスと、サビは自身とのハモリなので、後者は省きました。サビはぜひとも自身でハモってほしいですね。

間奏はサックスソロ。その後の大サビを半音転調するための仕掛けになっていますが、ここのコード進行は正隆氏が好んで使う2コード展開で、シンセの唸る低音が同じ音で持続します。この雰囲気、ティンパンアレイ時代の名残がします。

サビは1.5倍の3回繰り返し、アウトロはイントロの倍になってます。

ということで、寒さが涼しさに思えてきたかな??

3 thoughts on “松任谷由実 – 夕涼み

  1. おおつ ゆきこ

    はじめまして。
    唐突ですが、質問させて頂けますか?
    今、バンドでユーミンの「何もきかないで」をコピーしたいと思っているのですが、キーボード奏者(エレピ&キーボード)が楽譜がないと弾けないのでバンド譜探しています(他の楽器は特に必要なし)。
    なかなか探しても見つからず…。
    貴方様はどのように弾いてるんですか?
    ほぼ耳コピですか?

    返信
    1. 柊しじま 投稿作成者

      全て耳コピです。ギター以外は打ち込みです、弾いていません。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です