Boz Scaggs – Hard Times

Boz Scaggs、2回目は1977年のアルバム、Down Two Then Leftより。

演奏データを見ると、ドラムがジェフ・ポーカロ、キーボードは後にWe Are The Worldをクインシー・ジョーンズと共にプロデュースするマイケル・オマーティアン、そしてギターが3人、レイ・パーカー・Jrとジェイ・グレイドンとボズ自身

三者三様のプレイをしていますが、レイ・パーカー・Jrは間違いなくリズムギターだと思います。終盤のソロがボズ・スキャッグスらしいので、ジェイ・グレイドンがエコーを効かせたスライドギターということなんでしょうか?

淡々と弾いてるリズムギターですが、Aメロは「チャッッカ、ン、ッパ、ッパ」サビは「休み、休み、チャッッカ」とパターンを変えています。Aメロの方のパターンが僕に取っては非常に難しく、というのも、2拍目の「ン」は5弦の5フレットに向かってスリリングに擦りあがって行くようなタッチで弾いているからです。最初ベースの音かなと思ってしまいましたが、ベースは別に弾いてるし、他にないのでギターですね。このスリリングな感じはどうやってるんだろうと思いましたが、ワウワウのかけ方ですね。すごい。

もう1つ。Aメロ8小節パターンのうち、6小節目だけは半拍喰って入るのでここに緊張感があるんです。

レイ・パーカーという人はハービー・ハンコックのファンキー時代を支えたギタリストの一人なんですが、その後ゴーストバスターズの主題歌を手掛けています。その転身ぶりにはびっくりしましたが・・

さて、エンディングのギターソロ。決して難しいことはやってませんが、聴かせるソロですね。僕は素晴らしいと思います。

この曲、ちょっと謎な部分がありまして、ベースが入っていない部分が2か所あります。イントロと間奏8小節のうち、6小節目まではベースの音が僕には聴こえません。なんで?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です