Genesis – Keep It Dark

Abacab 4曲目です。

延々繰り返すギターリフへ、キーボードが意味付けしてるというパターンの曲。でもずっとじゃありません。Bメロやサビでは違うメロディ弾いていたりします。

この曲、何といっても、最初リズムをどうとって行けばよいのか戸惑いますが、まずは6拍子と気づきます。いわゆる6/8は2拍子の仲間なのですが、この曲はそうは感じないので6/4拍子で打ち込み。

問題は始まり方で、ギターの頭を表と捉えていると、ありゃりゃ、となることです。
打ち込みをしてみればわかることですが、3拍目のウラから始まるリフです。なのですが、実はギターの弾き方が最初の3回と以降で微妙に違っているのです。音が1つ抜けるというか。

ウラから始まるリフと分かっていても、このノリに上手く乗るのが大変なんですね。最初の3回のギターの弾き方も、表から入ってるようなノリで演奏していて、ドラムが入ってから心の中でノリを半拍ずらして合流しているような節があります。

シンセリードがアクセントをつけますが、そこだけベースが引っ込んで聴こえます。いや、実際そこだけ弾いてないのかも。

歌に入ってからも、フレーズ間に1小節遊びがあったり、とにかく変則的な構成になってます。

サステインの長いPadが入ってきて、サビ的な所が8小節続いて歌1番が終わりますが、2番は1番にあったメロディがなかったり、サビが10小節だったり、なにやら変な所で凝ってますね。

2小節ドラムだけになる箇所が2回あります。機械仕掛けの歯車が回っているようなガチャガチャですが、なかなか相応しい音を選ぶのが大変です。足踏み音というのとカウベル系の音を組み合わせてますが。なんかちょっとちがう。

フィルコリンズ主導になってからポップ路線だかなんだか言われますが、この変態構成はやはりプログレと言わずしてなんと言おうという感じです。フィルの歌が全部を覆っているので自然に流れてしまうのかも知れませんが、そこを引き去るとこんな感じになってしまうんだなぁ、と。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です